ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 環境企画課 > 狩猟に伴う事故及び違反の防止について

本文

狩猟に伴う事故及び違反の防止について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0122206 更新日:2020年9月10日更新

新潟県の狩猟期間は、※11月15日から翌年の2月15日までとなります。狩猟の際は、次のことに注意して、事故や違反を起こさないようモラルを守って正しく狩猟してください。

※令和2年度から県内一部の地域を除き、イノシシ及びニホンジカの狩猟期間を以下のとおり1か月延長します。
  ○イノシシ   11月15日から翌年3月15日まで(佐渡市及び粟島浦村を除く)
  ○ニホンジカ  11月15日から翌年3月15日まで(佐渡市を除く)

狩猟の際の注意事項(狩猟者のみなさんへ)

1 鳥獣の捕獲禁止場所や、銃猟の禁止場所などを厳守してください。新潟県鳥獣保護区等位置図(ハンターマップ)等で確認してください。

捕獲禁止場所(すべての猟法)
 ・鳥獣保護区及び休猟区
 ・公道、区域が明示された都市公園等
 ・自然公園の特別保護地区・自然環境保全地域
 ・社寺境内及び墓地

銃猟の禁止場所
 ・特定猟具使用禁止区域(銃)
 ・住居が集合している地域若しくは、広場、駅その他多数の者が集合する場所
 ・銃弾の達する恐れのある人、飼養動物、建物、自動車、電車、船舶その他乗り物などに向かっての銃猟

銃猟が禁止されている時間
 日没後から日出前は銃猟が禁止されています。
 *「日没」及び「日出」とは、暦による「日没」及び「日出」のことであり、実際の日光の明暗ではありません。その地域の時刻を確認してください。

2 狩猟鳥獣以外の鳥獣は捕獲できません。狩猟鳥獣であるかどうかを必ず確認してください。
3 矢先の安全を確認しなかったことによる狩猟事故が起きていますので、発砲に際しては矢先の安全を十分に確認してください。
4 網やわなには、必ず標識を設置してください。それぞれの猟具ごとに、1文字の大きさが縦横1センチメートル以上の文字で、狩猟者の住所、氏名、狩猟者登録証の番号などを書いた標識の設置が義務づけられています。必ず設置してください。

狩猟の自粛について

次の(1)~(3)の地域及び時間帯での狩猟は自粛するようお願いします。

  1. 河川周辺の可猟区における通勤・通学時間帯
  2. 河川周辺の可猟区における橋近辺
  3. 郊外地にある病院、老人ホーム等の福祉、医療施設や学校等の教育施設周辺

一般の方への注意事項

  1. 万が一の事故を防止するために、農作業やハイキング等で野山に入る際には、できるだけ目立つ服装やラジオなど音の出る機器を使用するなどして、狩猟者へ自分の存在を知らせるようにしてください。
  2. 網やわなには、設置を周知する標識が付けられていますので、仕掛けには絶対に近づかないでください。

 

環境にいがたトップページへリンク

このページはリンク自由です

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ