ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

国立公園

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0047604 更新日:2019年3月29日更新

国立公園の画像

 すぐれた自然風景地を保護するとともに利用の増進を図り、国民の保健、休養及び教化に役立てるため、一定の区域を画し指定されるものを自然公園といいます。
 自然公園法に基づき、県内には20箇所の自然公園が指定されています。その総面積は316,891ha(ヘクタール)と全県土面積の4分の1を占め、全国で第2位の広さを誇っています。

 そのうち国立公園は、日本を代表する自然の風景地であり、国が指定をし、管理は基本的に国が行っています。
 新潟県には5つの公園があり、県土を占める総面積は106,383haです。

 国立公園では、すぐれた自然景観の保護のため建物の建築や開発行為などが規制されています。
 開発行為などを行う場合は、国立公園の地域区分により環境大臣または県知事への許可申請や届出が必要です。

磐梯朝日国立公園

尾瀬国立公園

上信越高原国立公園

中部山岳国立公園

妙高戸隠連山国立公園


環境にいがたトップページへ

このページに関するお問い合わせは

環境企画課自然保護係
住所: 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5151
ファクシミリ: 025-280-5166
電子メール: ngt030150@pref.niigata.lg.jp
このページに関するお問い合わせは<外部リンク>

このページはリンク自由です

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ