ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 乳房再建手術等に用いられるゲル充填人工乳房及び皮膚拡張器の自主回収について

本文

乳房再建手術等に用いられるゲル充填人工乳房及び皮膚拡張器の自主回収について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0228982 更新日:2019年10月10日更新

 アラガン・ジャパン株式会社では、乳房再建手術等に用いられるゲル充填人工乳房及び皮膚拡張器の自主回収を行っており、一般社団法人日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会では、正確な情報を広く、提供することを目的に患者に向けた情報提供資料を改定し、公表しております。

 当該情報提供文書では、特にゲル充填人工乳房が植え込まれている方への情報提供として、症状のない方に対する予防的なゲル充填人工乳房の摘出を行う必要はないとされ、また、ゲル充填人工乳房の破損や合併症の早期発見のために、自己検診と医療機関での定期健診を継続して行うことが推奨されています。

 ついては、ゲル充填人工乳房による乳房再建を希望されている方、乳房再建用皮膚拡張器の手術を受け、乳房再建を待機されている方、ゲル充填人工乳房による乳房再建を受けた方は、一般社団法人日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会ホームパージで公表している当該情報提供文書をご確認いただき、ご不明な点があれば、一般社団法人日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会事務局宛(e-mai:jopbs-office01@shunkosha.com)にお問い合わせください。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ