ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 福祉保健課 > 新潟県の令和元年人口動態統計(確定数)の概況を公表します

本文

新潟県の令和元年人口動態統計(確定数)の概況を公表します

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:2020926 更新日:2020年9月26日更新

 厚生労働省は、「令和元年(2019)人口動統計(確定数)の概況」を、令和2年9月17日に公表しました。この公表内容に基づき、新潟県に住所を有する者に係る人口動態の概要を取りまとめました。

概要

  1. 出生数
     出生数は13,640人で、前年より869人減少した。出生率(人口千対)は6.2で0.3ポイント下回った。
     合計特殊出生率は1.38で、前年より0.03ポイント下回った。
  2. 死亡数
     死亡数は30,572人で、前年より504人増加した。死亡率(人口千対)は13.9で前年を0.4ポイント上回った。
     この結果、自然増減数は、16,932人となった。(前年は-15,592人)
     なお、自殺について死亡率(人口10万対)は18.5(前年19.5)で、全国順位は4位(前年6位)であった。
  3. 婚姻数、平均初婚年齢
     婚姻数は8,742組で前年より130組増加した。婚姻率(人口千対)は4.0で前年より0.1ポイント減少した。全国順位は41位(前年42位)であった。
     平均初婚年齢は男性31.0歳、女性が29.4歳で、前年より夫は0.1歳増加し、妻は0.2歳増加した。
  4. 離婚数
     離婚数は2,823組で前年より9組増加した。離婚率(人口千対)は1.28で前年を0.02ポイント上回った。全国順位は47位であった。(前年47位)

※ 合計特殊出生率
15歳~49歳までの女子の年齢別出生率を合計したもの。


令和元年人口動態統計(確定数)の概況 [PDFファイル/2.34MB]

↑本文をすべて印刷できます。

新潟県オープンデータ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ