ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 土木部 監理課 > 令和元年 台風第19号による被害状況

本文

令和元年 台風第19号による被害状況

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0239642 更新日:2019年12月2日更新

 10月6日に南鳥島近海で発生した台風第19号は、マリアナ諸島を西に進み、一時大型で猛烈な台風に発達した後、次第に進路を北に変え、日本の南を北上し、12日19時前に大型で強い勢力で伊豆半島に上陸しました。その後、関東地方を通過し、13日12時に日本の東で温帯低気圧に変わりました。
 この台風の接近により、新潟県内では10月12日から13日にかけて大雨となり、12日19時50分に上越市、妙高市、糸魚川市に大雨特別警報が発表されました。県内の雨量観測所では糸魚川市大平にある火打1号ダム観測所で累計雨量501mmを観測し、今回台風の中で県内最大となりました。

令和元年台風第19号による被害状況

令和元年台風第19号による被害状況について [PDFファイル/2.67MB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ