ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 教育庁 文化行政課 > 新潟県政記念館

本文

新潟県政記念館

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0040379 更新日:2019年9月27日更新

新潟県政記念館の画像
新潟県政記念館

新潟県政記念館は、明治16年(1883年)に新潟県会議事堂として建設され、昭和7年(1932年)に新設の県庁舎内に議場が移されるまで、県政審議において重要な使命を果たしました。
その後、昭和44年(1969年)に重要文化財「新潟県議会旧議事堂」に指定され、大規模解体修復工事を経たのち、昭和50年(1975年)から「新潟県政記念館」として公開しています。

新潟県政記念館のあらまし

旧新潟県会議事堂の画像
旧新潟県会議事堂

新潟県会は、県庁舎内の管内会所を議事堂として使っていましたが、明治13年(1880年)夏の新潟大火で管内会所が類焼してからは、新潟学校などを改修して使用してきました。

県令永山盛輝は県会議事堂新設を主唱し、県会の賛同を得て明治15年(1882年)5月に建設着手、翌年3月に新潟県会議事堂が完成しました。
建設には3万7千円の巨費をかけ、本県出身の新進建築家星野総四郎を起用し設計・監督に当たらせました。
建設場所は、火災の心配がなく、新鮮な空気に富んだ信濃川に臨む河畔の白山公園隣接地を選びました。完成した建物は見事な洋風建築で、当時の人々は目を見張りました。

以来、新潟県会議事堂は50年余にわたり、県政審議の殿堂としての機能を担ってきましたが、昭和7年(1932年)新設の県庁舎内に議場が移されたため、その役目を終えました。

その後は、郷土博物館、県庁分館などに使われてきましたが、昭和44年(1969年)3月、明治の府県会開設期における現存唯一の議事堂の遺構として重要文化財に指定されました。
昭和47年(1972年)から昭和49年(1974年)にかけて大規模解体復元工事が行われ、立派に修復された後、昭和50年(1975年)4月から「新潟県政記念館」として、広く公開しています。

建物の見どころ

新潟県政記念館の画像
建築時期:明治16年3月27日文化財指定:昭和44年3月12日

議事堂は、木造2階建、漆喰壁、中央に塔屋をのせた左右対称の堂々たる建物で、中には議場を始め、知事室、議長室、委員室など14の部屋があります。

外回りでは、白亜の建物の角を縁取る隅石(すみいし)、正面の玄関車寄せとバルコニー、歯形飾りのある軒蛇腹、両翼の棟の擬宝珠(ぎぼし)形の棟端飾り、風見をもつ八角塔屋などが目を引きます。

内部では、議場の大空間を構成しているトラス小屋組、傍聴席を支える柱頭飾り付き鋳鉄柱、上げ下げ式のギヤマン窓、室内天井に残る漆喰彫刻など、各所に明治の先人のすぐれた技術や工夫の跡が見られます。

総じて、伝統と洋式を織り交ぜたいわゆる擬洋風建築の代表的なもので、文明開化期特有のはつらつとした個性美がうかがわれます。

議場の大時計の画像
議場の大時計

議場の大時計

県会草創期(明治12~14年(1879~1881年))に県会書記を勤めた尾崎行雄(咢堂)によってロンドンから取り寄せられたとも言われており、明治16年(1883年)から昭和7年(1932年)まで県議会の運営に用いられました。

重錘式 高さ2.32m、横0.8m、重さ70kg。

平成元年(1989年)2月に修復復元。

展示・催し物

資料展示室の画像
資料展示室

新潟県政記念館は、県政発展に重要な役割を果たした建物のすぐれた文化的価値と記念性を大事にしながらその活用を通して、県民文化の向上に役立てるため公開された施設です。

議場の画像
議場

館内では、次のような展示を行っています。

  • 傍聴人控室 県会議事堂の沿革、修復関係資料、当館紹介映像
  • 議員控室 本県の近代の歩みを物語る資料、明治期の各府県会議事堂紹介
  • 参与室 明治洋風建築に関する資料
  • 議場 新潟県会関係資料
  • 研修室 昔の新潟の写真(歴代県庁舎、初代萬代橋など)
  • 議長室 県内の洋館遺構
  • 知事室 歴代の新潟県令・知事(官選)

指定管理者

第1期(平成18年10月~平成21年3月)
 セコム上信越(株)・(社)新潟県社会教育協会共同事業体

第2期(平成21年4月~平成24年3月)
 新潟県政記念館運営グループ
 (株式会社新潟ビルサービス・新潟市上古町商店街振興組合共同事業体)

第3期(平成24年4月~平成29年3月)
 新潟県政記念館運営グループ
 (株式会社新潟ビルサービス・新潟市上古町商店街振興組合共同事業体)

指定管理者作成の県政記念館HPもご覧ください(クリックしてください)<外部リンク>

新潟県政記念館指定管理者に関するお知らせです

指定管理者の事業計画・事業報告・評価

  1. 事業計画・事業報告

   ・令和元年度事業計画 [PDFファイル/227KB]

   ・平成30年度事業報告 [PDFファイル/289KB]

   ・平成30年度事業計画(PDF形式 208キロバイト)

  1. 指定管理者に係る評価結果

   ・ 平成30新潟県政記念館評価シート [PDFファイル/74KB]

利用案内

県政記念館 外観の画像
県政記念館 外観

  • 【所在地】 〒951-8132 新潟市中央区一番堀通町3番地3
  • 【電話番号】 025-228-3607
  • 【開館時間】 午前9時から午後4時30分
  • 【休館日】 毎週月曜日、国民の祝日
    • (月曜が祝日の場合は翌日も休館)
    • 1・2月は毎週火曜日も休館
    • 年末年始(12月28日~1月4日)
  • 【入館料】 無料

県政記念館までの地図の画像
県政記念館までの地図

交通

  • 市内バス:新潟駅バスターミナルから
    • S2系統鳥屋野線
    • 観光循環バス白山公園先回り
      「白山公園前」下車 徒歩1分
  • 車:新潟バイパス桜木インターより12分

このページに関するお問い合わせは

教育庁文化行政課
〒 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5619 
ファクシミリ: 025-280-5764
電子メール: ngt500080@pref.niigata.lg.jp
このページに関するお問い合わせは<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ