ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
新潟県議会 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 議会 > 新潟県議会 > 議会広報 > にいがた県議会だより > にいがた県議会だより第70号(本会議質問8)

本文

にいがた県議会だより第70号(本会議質問8)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0207568 更新日:2019年8月4日更新

一般質問(6月21日)

樋口議員

 樋口秀敏議員
(未来にいがた)

魚沼圏域の看護師等養成機関は

(問) 南魚沼には看護師養成機関があり、魚沼基幹病院へも看護師を多数輩出していて、魚沼基幹病院の運営に貢献している。こうした中、来年4月には、十日町に県立看護専門学校が開校することになっているが、県内には定員を満たしていない養成機関も複数ある。南魚沼の養成機関とどのように共存していくのか、所見を伺う。

(答) 南魚沼市の養成機関と、十日町市に開校予定の県立十日町看護専門学校が、それぞれの特色を生かし魅力ある学校づくりを行うことにより、学生に選ばれ、卒業生が地元に就業することで、魚沼圏域の看護職員の確保につながるものと考えている。 
 県としては、教育環境の整備に取り組む養成機関への支援や、より多くの中高生が将来看護職員を目指すよう働きかけなどを行っているところであるが、今後も両校の状況を十分確認するとともに、両校が共存できるよう、地元自治体や関係機関と連携しながら、必要な対応を行っていく。

 

にいがた県議会だより第70号(html版)へ

にいがた県議会だより(令和元年度/平成31年度発行)へ