ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
新潟県議会 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 議会 > 新潟県議会 > 議会広報 > 新潟県議会報 > 議会報第240号(令和2年6月定例会 本会議議事内容)

本文

議会報第240号(令和2年6月定例会 本会議議事内容)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0313145 更新日:2020年9月18日更新

6月16日

 午後1時開会開議(本日の出席議員53名)
 まず、新任部局長の紹介あいさつを行った。
 次に、諸般の報告を行った。
 次に、会議録署名議員の選任を行った。
 次に、在職25年を迎えた尾身孝昭君、柄沢正三君、小山芳元君、青木太一郎君に対し、永年在職議員の表彰を行い、被表彰者を 代表して青木太一郎君から謝辞が述べられた。
 次に、第96号議案から第112号議案まで及び第1号諮問を一括議題とし、花角知事の提案理由説明の後、各部門の常任委員会に付託した。
 次に、人口減少問題対策特別委員長、新総合交通・防災対策特別委員長、県民所得アップ対策特別委員長の報告の後、議案調査のため休会を決し、次会は6月18日午前10時から開くことを決して、午後1時58分散会した。

6月18日

 午前10時開議(本日の出席議員53名)
 まず、第101号議案について、人事委員会から意見の提出があった旨を報告した。
 次に、県政に対する代表質問に入り、自由民主党皆川雄二君、未来にいがた長部登君、リベラル新潟秋山三枝子君の順で質問を行った後、次会は6月19日午前10時から開くことを決して、午後4時6分散会した。

6月19日

 午前10時開議(本日の出席議員53名)
 直ちに県政に対する一般質問に入り、自由民主党宮崎悦男君、未来にいがた池田千賀子君、リベラル新潟小泉勝君、自由民主党高橋直揮君、未来にいがた樋口秀敏君、自由民主党松原良道君の順で質問を行った後、次会は6月22日午前10時から開くことを決して、午後5時18分散会した。

6月22日

 午前10時開議(本日の出席議員52名)
 まず、第113号議案を議題とし、花角知事の提案理由説明の後、各部門の常任委員会に付託した。
 次に、請願第2号から第5号まで及び陳情第7号から第16号までを一括議題とし、各部門の常任委員会に付託した。
 次に、県政に対する一般質問に入り、自由民主党桜庭節子君、自由民主党与口善之君、自由民主党保坂裕一君、自由民主党高見美加君、無所属佐藤浩雄君、無所属佐藤久雄君の順で質問を行った後、議案審査等のため休会を決し、次会は7月3日午後1時から開くことを宣して、午後5時12分散会した。

7月3日

 午後1時開議(本日の出席議員53名)
 まず、第96号議案から第113号議案まで、第1号諮問、請願第2号から第5号まで、陳情第7号から第16号まで並びに継続中の陳情令和元年第9号及び令和2年第3号を一括議題とし、各常任委員長から付託案件等の審査結果の報告があった。
 次に、採決に入り、第96号議案及び第113号議案、一般会計補正予算を全会一致で可決した。
 次に、条例1件、第100号議案を賛成多数で可決した。
 次に、特別会計及び企業会計関係予算、第97号議案及び第98号議案を全会一致で可決した。
 次に、残りの条例3件、第99号議案、第101号議案及び第102号議案を全会一致で可決した。
 次に、事件議決10件、第103号議案から第112号議案までを全会一致で可決または承認した。
 次に、第1号諮問を賛成多数で「審査請求人の請求に理由がなく、知事の見解が妥当である。」と答申することを決した。
 次に、陳情第15号を賛成多数で継続審査とした。
 次に、陳情令和元年第9号を賛成多数で継続審査とした。
 次に、陳情令和2年第3号を賛成多数で継続審査とした。
 次に、請願第3号、第4号及び陳情16号を賛成多数で不採択とした。
 次に、請願第5号を賛成多数で不採択とした。
 次に、陳情第8号を賛成多数で不採択とした。
 次に、陳情第13号及び第14号を賛成多数で不採択とした。
 次に、請願第2号を全会一致で採択とした。
 次に、陳情第7号及び陳情9号から第12号までを全会一致で不採択とした。
 次に、第114号議案及び第115号議案を一括議題とし、花角知事の提案理由説明の後、委員会審査を省略し、採決に入り、それぞれ全会一致で同意した。
 次に、第8号発議案を議題とし、趣旨弁明及び委員会審査を省略し、採決に入り、全会一致で可決した。
 次に、第9号発議案を議題とし、未来にいがた大渕健君の趣旨弁明の後、委員会審査を省略し、採決に入り、全会一致で可決した。
 次に、第10号発議案から第13号発議案までを一括議題とし、趣旨弁明及び委員会審査を省略し、採決に入り、全会一致で可決した。
 次に、第14号発議案を議題とし、自由民主党高橋直揮君の趣旨弁明の後、委員会審査を省略し、採決に入り、全会一致で可決した。
 次に、第15号発議案及び第16号発議案を一括議題とし、第15号発議案についての自由民主党高見美加君の趣旨弁明及び第16号発議案についての未来にいがた樋口秀敏君の趣旨弁明の後、委員会審査を省略し、採決に入り、まず、第15号発議案を賛成多数で可決し、次いで、第16号発議案を賛成少数で否決した。
 次に、第17号発議案を議題とし、自由民主党与口善之君の趣旨弁明の後、委員会審査を省略し、日本共産党遠藤玲子君の反対討論の後、採決に入り、賛成多数で可決した。
 次に、第18号発議案を議題とし、未来にいがた池田千賀子君の趣旨弁明の後、委員会審査を省略し、自由民主党小山大志君の反対討論の後、採決に入り、賛成少数で否決した。
 次に、暫時休憩し、再開後、日程に追加して岩村議長の辞職許可についてを議題とし、全会一致で許可した。
 次に、日程に追加して議長の選挙を行い、投票の結果、桜井甚一君が当選した。
 次に、日程に追加して副議長の選挙を行い、投票の結果、佐藤純君が当選した。
 次に、議会運営委員会委員及び正副委員長の選任についてを議題とし、議長の指名のとおりとすることを、それぞれ全会一致で決し、議長が指名した。
 次に、特別委員会の正副委員長及び委員の辞任許可についてを議題とし、全会一致で許可した。
 次に、日程に追加して常任委員会及び特別委員会の委員並びに正副委員長の選任についてを議題とし、まず、委員の選任は議長指名のとおりとすることを、全会一致で決し、委員を議長が指名した。次いで、常任委員会及び特別委員会の正副委員長を議長が指名し、未来にいがた大渕健君及びリベラル新潟重川隆広君の反対討論の後、選任は議長の指名のとおりとすることを、賛成多数で決した。
 次に、副知事益田浩君から退任のあいさつがあった。
 次に、常任委員会、議会運営委員会、特別委員会の閉会中継続調査を決し、午後3時2分、会期18日間にわたった6月定例会を閉会した。


議会報第240号(令和2年6月定例会)のページへ
県議会報のページへ
新潟県議会のトップページへ