ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
新潟県議会 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 議会 > 新潟県議会 > 議会広報 > にいがた県議会だより > にいがた県議会だより第71号(本会議質問9)

本文

にいがた県議会だより第71号(本会議質問9)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0232989 更新日:2019年11月10日更新

一般質問(9月27日)

笠原義宗議員

笠原義宗議員
(自由民主党)

指定管理施設の規制緩和は

(問) 全国の指定管理施設では、公園での飲食店出店やイベントを自由に開催できるようにすることで、指定管理料を支出せず逆に収入増につなげている事例もある。本県の指定管理施設でも、規制緩和を図り魅力づくりに繋がる工夫を民間に任せることなどにより、指定管理料の削減に取り組むべきと考えるが、所見を伺う。

(答) 県では、現在39施設で指定管理者制度を導入しており、民間事業者等のノウハウや創意工夫の発揮の結果、利用料金の引下げや新たなサービスの実施など、利用者の利便性が向上したほか、制度導入施設全体として概ね1割から2割程度の経費削減にもつながっているところである。
 規制緩和については、現状においても、各施設の設置目的に応じて、指定管理者から収益を目的とする自主事業を提案していただくことは可能となっており、引き続き、民間のノウハウや創意工夫がより一層生かせるよう努めていく。

 

にいがた県議会だより第71号(html版)へ

にいがた県議会だより(令和元年度/平成31年度発行)へ