ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

令和2年度探鳥会結果

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0311152 更新日:2020年10月24日更新

令和2年10月24日(土) 清潟探鳥会 9時~10時30分

探鳥会
雨の中での探鳥会でした

1.天気:雨

2.場所:清潟公園(新発田市)

3.参加者:13名

4.観察種:キジ、ヒシクイ、コハクチョウ、マガモ、カルガモ、コガモ、ハシビロガモ、キジバト、アオサギ、オオバン、トビ、ノスリ、アオゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、クロツグミ、シロハラ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、シメ、イカル、ホオジロ  以上31種

コガモ
群れ飛ぶコガモ

5.コメント
 開始前に駐車場で集まっているときは曇りで、このまま天気が持つといいなぁと思っていたのですが、開始すると雨が降ってきてしまいました。
 雨に濡れつつも、水面にいるコガモやマガモなどのカモ類、オオバンなどをゆっくりと観察しました。アオサギが飛んできてアシ原の近くに降りたり、コガモの群れがどこかからやってきたりしていました。
 小鳥にも期待していましたが、天気が悪いとあまり出て来ないようです。探すと、遠くの電線にスズメがたくさんとまっていたり、カワラヒワが田んぼのあぜの草のところに群れているところが見えました。マヒワの群れの声も聞こえましたが、どこにいるのかわかりませんでした。
 雨に濡れて寒くなってきたので、少し早めに鳥合わせを行い、終了、としたところで、このタイミングで晴れてきたので、結局終了後もほとんどの参加者が残って鳥見を楽しみました。

 クロツグミのメスが見えたり、ヒシクイが上空を通過したり、ノスリの渡りが見られたりと、探鳥会本編よりも終了後の方が鳥を楽しめたかもしれません。お天気や鳥の出具合は運次第なので、なかなか計画段階で調整はできませんが、こんなこともまた楽しいですね。

ノスリ
渡って行くノスリ 探鳥会中は雨降っていたのに・・終了後にこの青空です

令和2年9月27日(日)愛鳥センター探鳥会 9時30分~10時45分

探鳥会
シジュウカラ発見!

1.天気:曇のち雨
2.場所:紫雲寺記念公園
3.参加者:13名
4.観察種:アオサギ、トビ、コゲラ、アカゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、カワラヒワ 以上9種

アオサギ
アオサギ(別の日に撮った画像です)

5.コメント
雨が降る予報だったので、開催できるか心配でしたが、なんとか曇りで天気が持ってくれました。
鳥の動きは少なく、とても静かでしたが、愛鳥センター付近ではマツの枝の間を動いているヒヨドリやシジュウカラを見ることができました。紫雲寺記念公園内の道路沿いにある畑では、ウグイスの「ジャッジャッ」という地鳴きを聞きました。草藪で、草が動くのですぐそこにいるのはわかるのですが、出てきてはくれませんでした。
第6駐車場の横の湿地では上空をアオサギが飛んで行く姿を見たり、アカゲラの声を聞くことができました。
鳥の種類は少なかったものの、身近な鳥をゆっくりと見ることができました。
雨が降り始めたので少し早めに終わりましたが、探鳥会の時間中はほとんど降らずラッキーでした。

 

※お詫び
最後にお配りした、鳥の見つけ方、見分け方の資料に間違いがありました。
鳥の写真と答えの番号が間違っていましたので、修正しました。下のリンクからファイルをご覧ください。

鳥の見つけ方見分け方資料 [PDFファイル/545KB]

令和2年8月30日(日)シギ・チドリ観察会 9時~10時30分

ウミネコとシギ
トウネンとミユビシギの群れとウミネコ

1.天気:晴れ
2.場所:網代浜
3.参加者:19名
4.観察種:ウミウ、アオサギ、シロチドリ、キアシシギ、ミユビシギ、トウネン、ウミネコ、ミサゴ、トビ、ハシブトガラス、ツバメ、ショウドウツバメ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ 以上15種

シロチドリ
シロチドリ

5.コメント
新型コロナウイルスの影響でずっと探鳥会を中止していたため、今回が今年度初の探鳥会です。
例年と違い、申込み制で時間も短縮して開催しました。
ここ数日猛暑が続いていますが、今日も開始時からとても蒸し暑く感じました。
浜では最初にウミネコの若鳥を観察しました。足あともたくさんついていました。
少し歩いていくと、トウネンが40羽程とミユビシギが数羽の群れがいました。
波打ち際で波と追いかけっこしながらちょこちょこと歩いて採餌をしていました。
漂着物や草の間にシロチドリもたくさん走っていました。
時々、すぐ近くまで来るものもいて、かわいらしい姿をゆっくりと観察することができました。
上空にはトビとミサゴが上昇気流に乗って円を描きながら飛んでいました。換羽中のため、2羽ともボロボロに見えました。
ショウドウツバメが飛んでいく姿も見ることができました!
種類は少なめでしたが、ゆっくりじっくりと観察することができました。

トビ
換羽中のトビ

 

トップページへ戻る

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ