ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 土木部 監理課 > 建設業許可に係る様式について

本文

建設業許可に係る様式について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0041673 更新日:2020年4月1日更新

このページでは、新潟県知事許可に係る申請様式等についてご案内しています。

【重要】令和2年4月1日から、建設業許可申請・届出の様式が変わります

建設業法施行規則の改正(公布:令和2年2月20日 施行:令和2年4月1日)等により、建設業許可申請書・届出の様式が一部変更されますので、令和2年4月1日以降に建設業の許可申請や変更の届出を行う場合はご注意ください。

※当面の間、従前の様式による提出でも支障ございません。

様式の主な変更点

令和2年4月1日付けの変更

  1. 「国家資格者等・監理技術者一覧表(様式第11号の2)」を廃止
  2. 営業所調査に際し提出を求める添付書類を変更
  3. 成年被後見人等が役員等である場合の提出書類に医師の診断書等を追加

 ≪変更となった様式≫

  • 様式11号の2(国家資格者等・監理技術者一覧表)・・・廃止
  • 様式22号の3(届出書)
  • 別紙8(変更届出書)

建設業許可に係る申請・届出の提出書類

建設業の許可申請及び変更届の種類によって提出書類は異なります。
以下のファイルから必要書類を御参照ください。

※パソコン等の使用環境により、印刷が所定のページに収まらない場合があります。その際はページ設定を調整するなど、使用環境に合わせて御利用ください。

建設業許可の申請・届出の際には、経営業務管理責任者、営業所の代表及び専任技術者に加え、営業所の実態について必要な要件を満たしているか調査を行います。
申請・届出時には、上記の書類のほか、下記により営業所調査依頼書及び添付書類を提出してください。

建設業許可に係る営業所調査について

記載にあたっての注意事項

解体工事業に係る様式第2号「工事経歴書」、様式第3号「直前3年の各事業年度における工事施工金額」の作成方法について

平成28年5月31日までに契約した解体工事について

 とび・土工工事と解体工事それぞれの完成工事高に分けて記載する必要はありません。
 (ただし、経営事項審査の申請時にはそれぞれの分類に応じて記載する必要があります。同審査の申請を予定している場合は、建設業許可申請(届出)の段階で、それぞれに分けて記載して差し支えありません。詳しくは経営事項審査申請要領をご参照ください。)

経営事項審査申請要領はこちらをご覧ください

平成28年6月1日以降に契約した解体工事について

 経過措置により、とび・土工工事業の許可で解体工事を契約した場合は、「その他工事」として記載してください。解体工事業の許可申請時及び解体工事の許可取得後は「解体工事」として記載してください。

工事経歴書(様式第2号)には個人情報が特定できる記載をしないでください。
「注文者」及び「工事名」の記入に際しては、その内容により個人の氏名が特定されることのないよう十分に留意してください。

この他にも様式に記載するにあたっての注意事項がありますので、下記の記載例及び記載要領を御参照の上、書類を作成してください。

建設業許可に係る申請書等の記載例及び記載要領

建設業許可申請及び変更届の作成の際は、以下の記載例及び記載要領をご参照ください。

申請・届出手続き

申請書・届出書の提出先

 主たる営業所の所在地を所管する地域振興局、地区振興事務所へ提出してください。
 提出先の一覧は、下記からダウンロードすることができます。

※新潟地域振興局 地域整備部は、平成29年3月6日に移転しました。
 詳しくは以下のファイルを御覧ください。

提出先一覧(県土木部関係機関)[PDFファイル/558KB]

申請書・届出書の提出部数

 正本1部、副本(正本のコピー可)2部

申請手数料

  •  新規9万円(新潟県収入証紙)
  •  更新5万円(新潟県収入証紙)
  •  業種追加5万円(新潟県収入証紙)

※業種がいくつでも申請手数料は変わりません。
 ただし、一般と特定は別の許可になりますので、同時に申請しても手数料はそれぞれを合算した額となります。

新潟県収入証紙の取扱場所はこちらを御覧ください

建設業許可のページへ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ