ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

就業構造基本調査

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0512071 更新日:2022年8月2日更新

令和4年就業構造基本調査を実施します

令和4年就業構造基本調査

 総務省統計局では、令和4年10月1日現在で就業構造基本調査を実施します。(県内では、約9,500世帯が対象となっています。)

 この調査は、日本の就業・不就業の実態を明らかにすることを目的として、統計法(国の統計に関する基本的な法律)に基づき5年ごとに実施する、国の重要な統計調査です。調査結果は、雇用政策、経済政策など、国や地方公共団体における各種行政施策の企画・立案のための基礎資料として活用されます。

 調査をお願いする世帯には、9月下旬に調査員が伺い、調査書類をお配りします。より便利に皆様にご回答いただくため、パソコンやスマートフォンを使って、簡単にインターネットで回答することが可能となっていますので、調査の趣旨をご理解いただき、ご回答をお願いします。

 詳細は、総務省統計局 就業構造基本調査のページをご覧ください。

総務省統計局 令和4年就業構造基本調査のページはこちら<外部リンク>

過去の調査結果

新潟県オープンデータ
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

注目情報

2023年版新潟県民手帳予約受付中

就業構造基本調査

2021社会生活基本調査

経済センサス活動調査バナー

 

 

 

2020国勢調査

全国家計構造調査

2020年農林業センサス

 

 

 

統計相談窓口

お気軽にお問い合わせください。

 

ご利用にあたって

 掲載している統計データを引用・転載する場合には、出所を明示してください。(例) 資料:新潟県統計課「○○調査」
 掲載している統計データ等は、Excel形式、またはPDF形式で作成しています。

 

トピックス

統計調査をよそおう「かたり調査」にご注意を

登録調査員募集のバナーです

賃金の動きがわかる毎月勤労統計調査へのリンク

暮らしに役立つ統計調査(統計局)へのリンク<外部リンク>

データグラフフェアのバナーです

小学生のための統計情報ページへのリンク

統計グラフコンクールへのリンク

住宅・土地統計調査へのリンク