ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

【新潟地域】 麦類技術情報

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0267928 更新日:2023年9月20日更新

最新号

 9月19日 No.1 ほ場の排水対策、播種から越冬前管理​ [PDFファイル/199KB]

発行計画

令和5年産

 
No. 発行予定
時期
掲載内容
1 掲載済 ほ場の排水対策、播種から越冬前管理
2 掲載済 越冬後から止葉抽出期までの管理
3 掲載済 止葉抽出期追肥、赤かび病防除
4 掲載済 収穫・乾燥・調製

 

 

 

 

 

 

 

 

令和6年産

 
No. 発行予定
時期
掲載内容
1 掲載済 ほ場の排水対策、播種から越冬前管理
2 2月中下旬 越冬後の排水対策と追肥の実施

 

 

 

 

 

令和6年産

9月19日 No.1 ほ場の排水対策、播種から越冬前管理 [PDFファイル/199KB]

令和5年産

・5月18日 No.4 赤かび粒等混入防止を徹底し、適期収穫による高品質麦の生産! [PDFファイル/199KB]

3月30日 No.3 適期に適量の追肥と赤かび病防除を確実に実施! [PDFファイル/169KB]

3月1日 No.2 越冬後の生育確保に向け排水対策の徹底と追肥の実施 [PDFファイル/166KB]

9月21日 No.1 排水対策の徹底と適期は種で高品質・高収量の麦生産を実践! [PDFファイル/200KB]

過去の情報 (令和4年産) 

5月18日 No.4(『赤かび粒等混入防止』を徹底し、『適期収穫』による高品質麦の生産!) [PDFファイル/213KB]

3月31日 No.3(適期に適量の追肥と赤かび病防除を確実に実施!) [PDFファイル/230KB]

3月1日 No.2(麦類の越冬後の管理について) [PDFファイル/135KB]

9月10日 No.1(排水対策の徹底と適期は種で高品質・高収量の麦生産を実践!) [PDFファイル/289KB]

 

 

 

 

「作物技術情報」トップページへ戻る

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

今が旬の農産物

〈アザレア〉

アザレア​  アザレアは、全国的な主産地となっている新潟市秋葉区・南区で古くから栽培され、全国各地へと届けられています。品種がとても豊富で様々な花色があり、かわいらしいピンクや白、写真のような深紅などバラエティに富んでいます。
 また、本県はこれまでに育成品種として7種を登録するなど、オリジナル品種の育成にも意欲的に取り組んでいます。
 この冬はお好きな色のアザレアを近くにおいて、明るく過ごしてみませんか。

●産地
 新潟市(秋葉区、南区)
●出まわり期
 9月下旬~5月中旬

〈チューリップ〉

チューリップ​ この夏の異常な高温がようやく収まったかと思えば、あっという間にブルっと寒さを感じる今日この頃、県の花であるチューリップが登場してまいりました。
 新潟からの切り花は10月から翌春の4月まで計1,000万本以上が全国に向けて出荷されており、全国1位を誇ります。
 栽培されている品種は約260種。様々な色合いはもちろん、スタンダードな一重のカップ咲き、八重咲き、パーロット咲き、フリンジ咲き、ピクチャー咲きなど多彩です。
 飾り方はいろいろ。たくさん生ければ華やかに、また、短く切ってコップに生けるだけでも明るく生活を彩ります。
 お部屋の温度によって花びらが開いたり、閉じたりといった表情の変化も是非楽しんでみてください。

●産地 
 新潟市全域、五泉市
●出まわり期
 10月下旬~4月上旬

〈じねんじょ〉

じねんじょ​ じねんじょは昔から滋養強壮の自然食として珍重されており、ながいもとは異なります。栄養価の高さから山の薬草とも呼ばれ体に良いと考えられており寒さを感じる季節にぴったりな食材です。
 おすすめの食べ方として、炊き立ての新米にかけて食べるとろろかけご飯や海苔で挟んだ磯辺揚げ、肉や魚のつなぎにしただんご汁などがあります。じねんじょはすりおろして冷凍保存をすると長持ちしますが、やはり取れたばかりの旬の味は格別です。ぜひご賞味ください。

●産地
 阿賀町
●出回り時期
 11月~12月

 

〈かき〉

かき​ 新潟普及指導センター管内の新潟市秋葉区では、渋柿品種の「平核無(ひらたねなし)」、「刀根早生(とねわせ)」が栽培されており、新津柿部会の生産者が栽培した柿は「におけさ柿」というブランド名で出荷されています。これらの柿は種がないのが特徴で、とてもジューシーで柔らかく、口当たりは滑らかでとろけるようです。
 また、「平核無」は種のない木ということから、越後七不思議に次ぐ「八珍柿(はっちんがき)」と呼ばれており、秋葉区古田には樹齢370余年の原木が現存し、その歴史を感じることができます。
 また、柿は「柿が色づくと医者が青くなる」といわれるほど栄養価が高く、ビタミンやカリウム、食物繊維等が豊富に含まれていますので、普段の食事に加えて召し上がってみて下さい。

●産地
 新潟市秋葉区
●出まわり期
 10月上旬~11月中下旬

 

過去の情報を見る↠

「旬はいつ?にいがた地域の農産物」↠