ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 環境企画課 > 平成26年度新潟県環境賞 受賞者の活動紹介【企業の部】

本文

平成26年度新潟県環境賞 受賞者の活動紹介【企業の部】

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0047473 更新日:2019年3月29日更新

平成26年度の新潟県環境賞を受賞した皆さんの活動を紹介しています。

新潟県環境賞 企業の部

岩塚製菓株式会社(長岡市)<外部リンク>

渋海川沿いのゴミ拾いの様子の画像
渋海川沿いのゴミ拾いの様子

 「地域とともに」という創業理念は、地域の環境を守ることにも通じ、環境保護も大切な使命の1つと考え、積極的に取り組んでいます。
 昭和62年よりトヨタ生産方式を導入し、廃棄物の縮減や包材の簡素化等に取り組んでいるほか、地域の花いっぱいフェアへの参加や毎月の事業所周辺の清掃活動・美化活動、原料米をすべて「国産100%」としたフードマイレージの低減などにも取り組んでいます。

ヤマト運輸株式会社北信越支社(新潟市)<外部リンク>

「バス停方式」で利用している自転車の画像
「バス停方式」で利用している自転車

ヤマトグループでは環境保護活動について「ネコロジー」という合言葉で推進し、運送の「包む」「運ぶ」「届く」はもちろん、その他のさまざまな取り組みを徹底的にエコロジー化し、環境にやさしい物流の仕組みを築いています。中でも、「運ぶ」に関しては、できるだけ車両を「使わない」、「使うならエコ」な車両、徹底して「使い方」にこだわるという3原則で、「バス停方式」のさらなる推進、低公害車の導入、エコドライブの推進などに努めています。
 ネコロジーの取り組みにより、平成24年度の長岡主管支店 柿崎センターの二酸化炭素排出量は、平成23年度に比べ、15%削減することができました。

活動の様子や受賞者のみなさんからのメッセージについてはこちらをご覧ください。[PDFファイル/605KB]

平成26年度 他の受賞者のページ

過去の受賞者の紹介

過去の受賞者一覧はこちら

新潟県環境賞のページへ戻る

環境にいがたトップページへ

このページはリンク自由です

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ