ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 野生鳥獣による農作物等被害防止対策

本文

野生鳥獣による農作物等被害防止対策

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0406378 更新日:2021年6月28日更新

令和2年度の野生鳥獣による農作物被害の状況について(速報値)

全国的にニホンジカ、イノシシ等による生態系への影響や農林水産業被害が深刻化しています。
新潟県における近年の農作物等被害金額は、3億円規模になっており、ツキノワグマ、ニホンザル、イノシシ、ニホンジカ等一部の野生鳥獣では生息域の拡大や生息数の増加がみられ、被害の深刻化及び生態系への影響が懸念されています。

野生鳥獣による農作物被害対策

 鳥獣被害の防止を図るためには、地域の実情に応じ、「被害防除」「個体数調整」「生息環境管理」の3つを組み合わせた総合的な取組が重要です。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ