ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > くらし・安全・環境 > 人権・男女共同参画 > 貸出DVD・ビデオ・16mmフィルム作品解説

本文

貸出DVD・ビデオ・16mmフィルム作品解説

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0120945 更新日:2019年4月1日更新

作品タイトルごとに50音順で解説しています。
※ コメントは、担当者の主観に基づくものです。あらかじめご了承ください。

あ~な行

は~わ行

な行

内定者からの手紙 公正な採用選考のために V127

形式 ドラマ、26分
制作者 企画・制作:東映(株)
テーマ 公正な採用選考(就職差別)
あらすじ 人事部の相沢紗子は公正な採用選考を目的とした取組を命じられた。応募・面接・筆記試験と順調に選考は進み、内定者が決定した。しかし、ある日、内定者から手紙が届いたことで、相沢はショックを受け、全社的な取組の必要性を感じる。
コメント 問題に取り組む姿勢、対応のポイント等人事担当者向けに良。

内藤剛志の中学生トークライブ V079

形式 ドキュメント、30分
制作者 企画:法務省人権擁護局・(財)人権教育啓発推進センター、制作:岩波映像(株)
テーマ 人権全般
あらすじ 全国中学生人権作文コンテストの入賞作品を紹介しながら、それをきっかけに会場にいる中学生と進行役の内藤剛志が大人・子どもの枠を越えて様々な人権問題について語り合う。
コメント この手にありがちな建前的なものとはなっておらず、真摯な態度が伝わってくる。

ならんで一緒に歩きたい V113

形式 ドキュメント 16分
制作者 企画:総理府(現内閣府) 制作:(社)日本広報協会
テーマ 男女共同参画
あらすじ 「女性はいま、本当の意味での平等を手にしているか」をテーマに、女性が抱えている問題や女性たちが置かれている現状をコミカルな芝居によって紹介。また、インタビュー等も交え、男女共同参画社会づくりの実現に向けて、わかりやすく解説。
コメント 矢崎滋と秋川リサによる進行。制作年度(1996年)は古い部類になるが、芝居で描かれる性別による固定的な役割分担意識等の内容は今でも共通する。制度が動き始めた当時のポイントを再確認できる。

日常の人権1(女性の人権・子どもの人権・高齢者の人権)推薦 D016

形式 ドラマ・ドキュメンタリー、23分、字幕入り
制作者 企画・制作:東映(株) 教育映像部
テーマ 人権全般
あらすじ この作品は、日常生活の中に潜むさまざまな人権問題を取り上げている。ドラマで人々の心にある偏見を、そしてドキュメンタリーで差別や偏見などで苦しむ人々の心の痛みを伝えている。人権について、さまざまな角度から考えることができる作品。
コメント 女性、子ども、高齢者それぞれの人権について、コンパクトでわかりやすく説明されている。人権について考える入門編として最適。「日常の人権2」と併せて活用するとなお良い。

日常の人権2(外国人の人権・障がい者の人権・部落差別・インターネットでの人権侵害)推薦 D017

形式 ドラマ・ドキュメンタリー、23分、字幕入り
制作者 企画・制作:東映(株) 教育映像部
テーマ 人権全般
あらすじ この作品は、日常生活の中に潜むさまざまな人権問題を取り上げている。ドラマで人々の心にある偏見を、そしてドキュメンタリーで差別や偏見などで苦しむ人々の心の痛みを伝えている。人権について、さまざまな角度から考えることができる作品。
コメント 外国人、障がい者、部落差別、インターネットに関する人権について、コンパクトでわかりやすく説明されている。人権について考える入門編として最適。「日常の人権1」と併せて活用するとなお良い。

21世紀はみんなが主役 V105

形式 ドキュメント 23分
制作者 企画:内閣府男女共同参画局 制作:(社)日本広報協会
テーマ 男女共同参画
あらすじ 男女共同参画社会とは何か、男女共同参画社会の実現の必要性、男女共同参画社会基本法成立に至るまでの経緯、男女共同参画社会基本法の5つの基本理念、国の取組み
コメント 男女共同参画社会基本法(1999年6月制定)に関する、男女共同参画社会の実現の必要性、基本理念等が解説されている。『女性の品格』の坂東眞理子さんも当時の男女共同参画局長として出演。

にんげんのうた詩 推薦 V001

形式 アニメ、26分
制作者 企画:(財)東京都同和事業促進協会、制作:(株)学習研究社
テーマ 同和問題(入門)
あらすじ ミツコは、交際していた青年アキオとの結婚を考えるようになったが、彼が被差別部落出身であることを知った途端、両親が交際に反対するようになる。悩んだミツコは、なぜ部落差別があるのか疑問に思い、部落差別の起源を探りはじめる。
コメント 同和問題を簡潔に説明してくれる入門者に最適の作品。

根っこのルール V052

形式 ドキュメント、37分
制作者 企画:総務庁・(財)人権教育啓発推進センター、制作:Jic日本広報センター
テーマ 同和問題
あらすじ 人が社会生活を営む上で様々なルールがあるが、特定の者にだけ有利(不利)なルールがあるとしたら。人権の基本的な考え方と同和問題の現状を分かりやすく紹介する。
コメント 国制作で、一本で問題を見わたせる入門者向け作品。

ネットいじめ ひとりで悩まない 推薦 D040

形式 ドラマ、23分
制作者 映学社
テーマ インターネットによる人権侵害、いじめ
あらすじ “学校裏サイト”や“プロフ”等を使って、陰湿に行われる「ネットいじめ」。中学2年生女子を主人公に、その実態をドラマ形式でリアルに描き、「ネットいじめは絶対にいけないこと、また被害に遭ったときはひとりで悩まないこと」を訴えた作品。
コメント 2010年教育映像祭優秀作品賞。中学生向け

根雪とける頃 V024

形式 ドラマ、47分
制作者 企画:(財)兵庫県人権啓発協会・兵庫県、制作:東映
テーマ 同和問題(結婚差別)
あらすじ 百合は、雪国出身の青年・一郎と婚約したが、家を訪ねてきた少女を彼の母が邪険に追い返したのを見て不審に思う。実は、一郎の姉が被差別部落の男性に嫁いで絶縁状態にあり、少女はその娘だった。そのことを知った百合の両親は、結婚に難色を示す。
コメント 結婚問題を当事者ではなく、家族の視点で捉えている。石井めぐみ出演。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ