ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

友だちからのうまい話

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0470391 更新日:2022年3月15日更新

友人から誘われて参加したセミナーでの投資話。お金はないけど断れない・・・

マッチングアプリなどSNSで知り合った人などから、『とてもいい話が聞けるから、一緒にセミナーに行こう』などと誘われて参加すると、投資やビジネスを謳う儲け話を持ちかけられ、言葉巧みな説明に、断り切れずに高額な入会金を支払ってしまうトラブルがあります。特に若者は、身近な友人や先輩からの勧誘をきっかけとすることも多く、断りにくい相手からの誘いのため「話を聞いて」しまうようです。

相談事例

マルチ商法のイメージ図

「消費者庁イラスト集より」

高校時代の友人から「簡単に儲かる、いい話がある」と誘われ、投資セミナーの会場に行った。

そこで紹介されたカリスマ投資家を名乗る会社社長から「入会金50万円を払えば儲けられる方法がある」と投資セミナーへの入会を勧められた。「お金がない」と断ると、社長から「自分も大きく儲けた。借金してもすぐに返済できる」と消費者金融で借りるよう指示され、借り入れした50万円を相手に手渡した。領収書や契約書は受け取っていない。

その後、参加したセミナーでは、人に紹介してセミナーに入会させれば報酬を得られることばかり強調され、儲け話の実態はよく分からず、マルチ商法だとわかった。解約して返金してほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「マルチ商法」ってなに?

「マルチ商法」とは、商品・サービスを契約して、次は自分がその組織の勧誘者となって紹介料報酬等を得る商法のことで、人を紹介することで組織が拡大していくのが特徴です。

以前は「健康食品」など、実際の商品を販売するものでしたが、最近は、投資や副業などのもうけ話を扱う、いわゆる「モノなしマルチ」が増えています。「儲け話を人に紹介すれば報酬が得られる」と誘うケースが多くみられますが、「投資の仕組みの説明は全くない」など、儲け話の実態がよく分からないという特徴があります。

 

キャンセルしたい・・・どうすればいい?

連鎖販売取引(マルチ商法)は、契約書面を受領した日または商品の引渡しを受けた日のどちらか遅い日から20日間は、クーリング・オフができます。

事例の相談者は、まだ契約書を受け取っていなかったので、早急に事業者にクーリング・オフ通知を配達記録が残る方法で、送付するよう助言しました。

 

クーリング・オフの方法はこちら

解約や返金の交渉が難しいケースも・・・最善のトラブル防止策は『きっぱり断る』こと!

あとで解約すればよいと思って契約しても、解約や返金の交渉が難しいケースが多くみられます。以下の点に注意しましょう。

 

☆実態や仕組みがわからない「モノなしマルチ」は契約しない
「簡単に儲かる」「必ず大金を稼げる」などといったうまい話は通常ありえません。事業者の連絡先が不明で、解約の交渉が難しい場合もあります。 儲け話の実態や仕組みが分からない契約はしないようにしましょう。

 

☆友達や知り合いから勧誘されても、きっぱりと断る
身近な友人や先輩から勧誘され、関係を壊したくない心情から契約してしまったり、最近はSNSやマッチングアプリ等で知り合った人に勧誘されるケースが増えています。次は自身が友人を勧誘することにより、人間関係を壊す恐れもあります。必要のない契約はきっぱりと断りましょう。

 

☆安易にクレジットカードでの高額決済や借金をしない
「お金がない」と断っても「元が取れるから大丈夫」と借金等を勧めてくる場合もあります。「契約しません」とはっきり伝えましょう。

参照:国民生活センターHPより

『友人から誘われたセミナーで投資話を断れず借金した!これってマルチ商法?』 

https://www.kokusen.go.jp/t_box/data/t_box-faq_qa2019_17.html<外部リンク>

 

困った時は、ひとりで悩まず、家族や周りの人、または消費者ホットライン「188(いやや)」に相談しましょう。

新潟版188イラスト                      

 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

【業務内容】

商品の購入・サービス利用に伴うトラブルや悪質商法の被害でお困りの方の苦情相談、消費生活に関する疑問・相談などについて、専門の相談員が情報提供や解決のためのお手伝いをしています。
ご相談は無料です。まずはお電話でご相談ください。

〈相談受付〉
月~金曜日:午前9時~午後4時30分
土曜日:午前10時~午後4時
(電話相談のみ)
日曜、祝日(休日)および年末年始はお休みです。
また、毎月第4水曜日(祝日の場合は翌日)は事案調査・検討日のため、相談受付は行っておりません。
※来所相談は、予約制です。


〒950-0994
新潟市中央区上所2丁目2-2 新潟ユニゾンプラザ1階
Tel 025-281-5516(事務室)
Tel 025-285-4196(相談専用電話)
Fax 025-281-5517

※持ち込み食材の放射性物質検査の受付は令和2年3月31日をもって終了しました。

 

 

若者向け消費者教育用教材「Caution(コーション)

若者向け消費者教育用教材コーション

※詳細は画像をクリックしてください

学生・新社会人向け消費者被害防止啓発ハンドブック「ひとり立ち応援ブック」

ひとり立ち応援ブック表紙

※詳細は画像をクリックしてください

リンク(国等)