ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域づくり > 地域づくり > 新潟県新発田地域振興局 > 冬の終わりに、白鳥と猫、そしてうなぎ(阿賀野市)

本文

冬の終わりに、白鳥と猫、そしてうなぎ(阿賀野市)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0557225 更新日:2023年2月15日更新

瓢湖
瓢湖(五頭山(ごずさん)、二王子岳(にのうじだけ)を背景に)

 まだまだ寒い日が続きますが、2月に入ると次第に日が長くなり天候も安定してきます。
 晴れ間がのぞいたら、お出かけしてみませんか。今回は白鳥と猫、そしてうなぎに会いに阿賀野市を訪れてみました。

もうすぐ白鳥は北帰行~瓢湖(ひょうこ)

白鳥の羽ばたき

 2月は雁帰月(かりかえりづき)とも呼ばれ、雁が北へ帰って行く月とされます。ここ瓢湖でも2月下旬から北帰行が始まりますが、それまでに白鳥は、おなかいっぱい食べて体力をつけて数千kmの長い旅に備えます。最終便は3月中旬の予定です、お別れのあいさつは早めにどうぞ。

コーヒーとラスク
瓢湖にはほろ苦いコーヒーと甘いラスクがよく似合う

 瓢湖の湖畔にある白鳥観察舎には、ほっとくつろげる飲み物やオリジナルのスイーツやお土産があります。営業は午前7時から午後4時30分まで(3月末まで無休)。五頭の山並みや鳥たちの姿を眺めながら、モーニングコーヒーを楽しむことができます。
 最近、舎内にWi-Fiが完備されたので、白鳥の動画をその場でSNSに投稿する方もいるようです。
詳しくは、瓢湖白鳥観察舎販売組合<外部リンク>

猫とうなぎに会う~瓦ロード

猫 

 阿賀野市安田地区は瓦の産地として知られていますが、瓦などの工場・工房が立ち並ぶエリアを散策できるストリートがあります。少し風が冷たいですが、ユニークなモニュメントを探して歩いてみましょう。
 塀の上に猫がいました。ペースト状の猫用おやつを差し出しても反応がありません。瓦の素材でできた愛くるしい猫です。

うなぎ神社

 少し歩くと、レストランやカフェなどが入る「瓦テラス」※の敷地奥には「うなぎのぼり神社」がありました。志望校合格、増収増益、健康長寿をうなぎ様にお祈りしてみましょう。
 ※冬季期間中、平日はお休み
詳しくは、住みたくなるあがの【阿賀野市公式】<外部リンク>瓦テラス<外部リンク>

ラーメン猫

 瓦テラス近くにある製麺工場の売店でも猫を見かけました。猫舌ではないようです、お箸も上手に使えています。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

県の防災情報
管内を所管する他の振興局
管内市町村
管内の観光情報

しばたにあ<外部リンク>

keyperson banner

地域整備部ツイッター<外部リンク>

新発田・村上エリア農産物まるごとガイドブック

radio shibata<外部リンク>

まいぷれ新発田<外部リンク>

にいがたとりっぷ<外部リンク>

こんぱす<外部リンク>