ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域づくり > 建設・まちづくり > 三条地域振興局地域整備部 > 三条市・只見町の高校生が国道289号を自転車で踏破するイベントでゴールしました

本文

三条市・只見町の高校生が国道289号を自転車で踏破するイベントでゴールしました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0202729 更新日:2019年7月30日更新

  さる7月28日(日曜日)に行われた国道289号フルコース突破イベントの到着式で応援を行ってきました。このイベントは7月27日~28日にかけて、福島県只見町と三条市の高校生が自転車で福島県いわき市から新潟県庁までの約30kmを「八十里越」を経由して、リレー形式で踏破するイベントです。

 イベントの目的は、只見町と三条市、福島県と新潟県の更なる交流や発展のため、国道289号の早期全線開通と自然の宝庫「八十里越」周辺の環境保全・有効活用の推進を発信するものです。また、実施体制は次のとおりで、今年で9回目となります。

(体制)
・事業主体:国道289号フルコース踏破実行員会
・後援:三条市、只見町、只見地区地域づくり委員会
・協力:国土交通省長岡国道事務所、三条地域振興局、南会津建設事務所

1. 開催日
 令和元年7月27日(土曜日)~7月28日(日曜日)
2. スケジュール
(7月26日(金曜日) 9時 三条市役所で出発式)
 〇7月27日(土曜日)
 ・6時40分 いわき市勿来の関スタート
 ・18時30分 明和振興センター(只見町)前ゴール
 〇7月28日(日曜日)
 ・7時30分 明和振興センター(只見町)前スタート
  ~八十里越通過(バス乗車による)~
 ・12時00分 三条市役所下田庁舎前歓迎イベント
 ・12時55分 三条消防署にて三条市の歓迎イベント
 ・13時50分 三条消防署発
 ・16時50分 新潟県庁前ゴール(到着式)

八十里越のイメージ図※イメージであり、距離、位置は正確ではありません
いわき市から八十里越を経由した新潟市までのイメージ図

 国土交通省、新潟県、福島県は新潟・福島県境をまたぐ、八十里越の約2km区間に新たな道路をつなぐため、「八十里越道路」の工事を進めています。

 工事区間は高校生の安全確保のため、高校生はバスに乗車し、建設中の橋やトンネルを見学しながら、移動します。

 三条地域振興局は、ゴールの到着式で応援を行うほか、この工事区間の新潟県側区間において、高校生の乗るバスの先導も行いました。

先導車の画像
             先導車

~そして、いよいよ新潟県庁でのゴールの様子です~

三条地域振興局や新潟県庁職員もゴールで高校生達を出迎えました。

 

高校生が到着しはじめた画像      高校生が到着した画像
 自転車に乗った高校生達が見えてきました                  次々に到着です

全員到着した様子の画像      到着式の様子の画像
   6台の自転車、合計34人の到着です          到着式の様子。みなさん、大変おつかれさまでした

記念撮影の画像
                     最後はみんなで記念撮影!

 これからの時代を担う高校生にとって、この経験はとても有意義なものであると感じています。

 国土交通省、新潟県、福島県で建設中の八十里越道路が少しでも早く開通し、今回の高校生のように絆を深め、新潟、福島の方々等、多くの方々がこの道路を通じて、交流を深め続けることを願っています。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ