ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 新潟県が運営する農業情報サイト > 【就農の先輩たちの声】中山間地域に就農した新規参入者|内山真揮

本文

【就農の先輩たちの声】中山間地域に就農した新規参入者|内山真揮

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0345722 更新日:2021年2月1日更新

内山真揮さんの写真

【プロフィール】

  • 長岡市(旧越路町)出身
  • 長岡農業高校卒業後サラリーマンを経て、妻の実家である糸魚川で独立自営就農
  • 水稲 77a、自然薯3a、トウモロコシ3a、バレイショ1.7a

Q 就農の動機を教えてください

 妻の実家である糸魚川の豊かな景観に魅了され、かねてより興味のあった農業を通じ、自然や人と関わりながら生活がしたいと思った。

Q 就農するまでの経緯を教えてください

 県農業大学校のやる気農業塾(稲作コース)を1年間受講。
 青年就農支援事業(準備型)を活用し、糸魚川市内の法人にて2年間研修を実施。
 農地及び機械は妻の実家及び親戚から借りて就農した。

Q これから就農する人へのメッセージをお願いします

   市外から移住して農業を始めたため、集落等回りからの注目の的になります。そのため、日ごろから地域に信頼されるように心がけています。
  就農にあたって技術等必要なことは様々ありますが、人間関係を円滑にすることが最も重要です。

 

一覧へ戻る

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ