ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ > taneCREATIVE株式会社

本文

taneCREATIVE株式会社

更新日:2020年3月6日更新
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

社長の写真

100年企業を数多く輩出している新潟県。その一方で、新設法人率はなかなか伸びず、低迷している一面もあります。そんな中、新潟県の離島・佐渡にベンチャー企業が集結し、全国的に注目を集めています。その先駆けにもなったウェブ制作会社が、佐渡島内に本社を構えている「tane CREATIVE」です。今回は、離島ならではの利点や、創業・企業誘致支援を目的に設立したチームの活動内容、佐渡市の未来についてtaneCREATIVEの社長・榎さんにお伺いしました。

創業して感じた佐渡の利点

優秀な人材を低コストで確保
ナレッジが蓄積できるのも大きなメリット

ウェブコンサルティングを基本に置いたウェブサイト制作、システム開発を行っているtaneCREATIVE。ここ数年は、クラウドファンディングサイトをはじめとしたFinTechサイトの制作を手掛け、事業の幅を広げています。東京の大手企業を筆頭に、クライアントのほとんどが首都圏の企業とのことですが、実作業は、本社のある佐渡市のオフィスに集結したクリエーターやエンジニアが担当しています。

「Uターン、Iターンも含め本社で働くスタッフは、ほぼ佐渡の出身者です」(榎さん)

社長の写真

お話ししてくれたのは、taneCREATIVE代表で佐渡市出身の榎崇斗(えのきたかと)さん。2012年の創業以来、従業員数を順調に増やしていき、現在は20代~30代の若手を中心として25名ほどのスタッフがこちらで勤務。テレビ会議やチャットなどのツールを活用して東京のクライアントとやり取りしています。

人材雇用コストと離職率の低さは大きな利点

「オフィスを構えて実感したことは、採用に掛かるコストが首都圏と比べて圧倒的に低いこと。人材紹介サービスを利用せずに、優秀な人材を集めることができました」(榎さん)

コストを掛けて採用活動を行っている首都圏とは異なり、ハローワーク経由でも優れた人材が確保できるといった部分は、企業側にとってかなり魅力的だったようです。

オフィス風景

「もうひとつ、離職率が低いこともポイントです。今、業界では入社してから2、3年で退職し、別の会社でステップアップを狙う若者が非常に多くなっています。離職率が低ければ社内にナレッジ(知識・経験)がしっかり蓄積されていきます。これは会社として大きな強みです」(榎さん)

雇用自体に掛かるコストが抑えられる点や、離職率が低く、ナレッジを蓄積しやすいという点は、ビジネスを展開していく上で利点になっているようです。


taneCREATIVE株式会社<外部リンク>

住所

本社
新潟県佐渡市中興乙1427

電話

本社
0259-67-7572 

Fax

 

Url

https://tane-creative.co.jp/<外部リンク>

企業ロゴ<外部リンク>


関連記事

DACのメイン

更新日:2020年03月06日更新

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社

運用型広告への対応強化のための遠隔拠点
決め手となったのは都心部からの利便性と専門学校・大学の多さ

楽天のメイン

更新日:2020年03月06日更新

楽天「ラクマ」

目的はサービスの要となるサポート体制の強化
優秀な人材確保を求めて新潟に進出

データドックのメイン

更新日:2020年03月06日更新

株式会社データドック

土地、気候、強固なネットワーク…
すべての条件がここにある

クラスメソッドのメイン

更新日:2020年03月06日更新

クラスメソッド株式会社

快適な生活環境でモチベーションもアップ
リモートワークを確立することで地方勤務を可能に

タネクリエイティブのメイン

更新日:2020年03月06日更新

taneCREATIVE株式会社

目標は30社のベンチャー企業誘致
「起業の島」の実現に向けて勢いを加速させたい