ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 新潟らしい農業農村整備の新技術 

本文

新潟らしい農業農村整備の新技術 

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0124096 更新日:2019年6月29日更新

新潟らしい農業農村整備の新技術ホームページへようこそ!
農地部では「人にやさしく、地球にやさしく、新潟らしく」の新たな視点で設計、積算などに関する業務を行っています。

注目情報

新潟らしい農業農村整備の新技術に関する業務について

 新潟らしい農業農村整備の新技術に関する業務については、下記のとおりです。

魅力ある建設工事現場に向けて
新潟県農地部では、農業農村整備を行う工事現場の環境改善に向けた各種取組みを推進していきます。

農業農村整備事業の設計及び積算に関すること
農業農村整備事業の「積算基準」、「標準設計」及び「設計指針」などを定めています。

農地積算システムの改良・運用及び管理に関すること
積算業務の効率化のため、農地積算システムを導入し、改良・運用及び維持管理を行っています

「Made in 新潟 新技術普及・活用制度」に関すること<外部リンク>
本制度は、新潟県内の企業が開発した土木・建築の新技術を紹介して普及するとともに、県が積極的に活用し評価して情報公開することにより、他現場での活用や活用県内企業の技術力向上・活性化を図る制度です。
 農業農村整備事業においても積極的な活用により、コスト縮減や維持管理の効率化につなげていきます。

Calsシステムに関すること
Cals/EC(情報を電子化し、ネットワークを使って効率的に交換・共有すること)の推進に取り組んでいます。

建設副産物対策に関すること
循環型社会形成のため、建設発生土、コンクリート塊、アスファルト・コンクリート塊、建設発生木材などの建設副産物のリサイクル推進に取り組んでいます。

えちご田園通信(農地部トップページ)に戻る

リンク

県のトップページ

関係機関

その他

新潟県オープンデータ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ