ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 村上地域振興局 農林振興部 > 【村上】森林を伐採するときに・・・(森林計画制度)

本文

【村上】森林を伐採するときに・・・(森林計画制度)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0052995 更新日:2019年3月29日更新

森林を守り育てる そのための「森林計画制度

 森林は、国土・環境の保全や、木材生産など、私たちの社会で重要な役割(機能)を果たしています。
 この森林は再生可能ですが、過度な伐採などのダメージを受けて荒廃すると、その機能を回復させるには長い時間が必要で、再生は容易ではありません。
 我が国では、森林は傾斜の急な山地に多く分布しており、森林が荒廃すると山崩れや洪水を誘発し、水資源も枯渇するなど、国民の生活・経済に大きな影響が出ます。
 このため、森林を適切に維持・管理し、その機能がよく発揮できるようにするための短・中・長期の指針を作ることとしました。これが「森林計画」制度です。

「森林計画制度」について、詳しくはこちらのページ(県治山課作成)をご覧下さい

森林を伐採するときには、手続きが必要です。

 「森林計画制度」など、関係する法規制のため、個人が所有する森林(民有林)を伐採するときでも、ほとんどの場合手続きが必要です。下記のとおりさまざまなケースがありますので、詳しくは地域振興局の林業振興課へお問い合わせ下さい。

写真:森林の伐採状況(イメージ)
森林の伐採状況(イメージ)

手続きが必要な場合

保安林など

  1. 皆伐 許可申請を事前に振興局へ提出して下さい。ただし、年4回の受付期間(2・6・9・12月の約1ヶ月)に限ります。伐採量の地区別上限を超えた伐採も許可できません。
  2. 択伐(林齢45年生以上) 許可申請を、伐採をする日の30日前までに振興局へ提出して下さい。
  3. .間伐(林齢25~44年生) 届出を、間伐開始の90日前~20日前までに振興局へ提出して下さい。
    (注)25年生未満は届出・許可不要です 保安林の伐採上、「除伐」と扱われます。
  4. 形質変更(作業路の開設、重機の林内走行等) 事前許可が必要です。行為を行う前に随時申請して下さい。

写真:形質変更(作業路)イメージ
形質変更(作業路)イメージ

保安林での伐採手続きについて、詳細はこちらのページ(庶務課農用地係作成)をご覧下さい。

なお、保安林ではないが、森林法以外の他法令により制限を受けている森林(例:国立公園・砂防指定地等)についても、事前の手続きが必要ですので、市町村か振興局へお問い合わせ下さい。

保安林ではない(他法令の制限もない)

1.伐採後、他用途へ転用(宅地・工場・土石採取等)する場合
  1. 転用面積が1haを超える場合は 「林地開発許可」を振興局へ事前に申請してください。
  2. 転用面積が1ha以下の場合 下記2.または3.の伐採届によります。

林地開発許可については、こちらのページ(県治山課作成)をご覧下さい。

「森林施業計画に係る伐採等の届出書」(森林法第15条)を、伐採完了後30日以内に市町村へ提出して下さい。
要注意!!「間伐特措法(森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法)」の「特定間伐等促進計画」を策定していても、森林施業計画の認定区域では届出が必要です。

2.森林施業計画の認定を受けた森林

「森林施業計画に係る伐採等の届出書」様式[Excelファイル/20KB]

3.森林施業計画の認定を受けていない森林

「伐採及び伐採後の造林の届出」(森林法第10条の8)を、伐採を開始する日の90日前~30日前までに、市町村へ提出して下さい。
ただし、「森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法」に基づく、「特定間伐等促進計画」を策定した森林(ただし森林施業計画認定区域を除く)については、届が不要となります。

「伐採及び伐採後の造林の届出」様式[Excelファイル/35KB]

手続き不要の場合(ほとんどありません)

「地域森林計画」の対象外※となっている樹木(屋敷林等)
※詳細は地域振興局へお問い合わせ下さい。
除伐の場合(除伐とは、人工林において目的樹種以外の樹種を中心に除去すること)
特用林・自家用林として指定されているものを伐採する場合 など

村上農林振興部 森林・林業担当のページへ戻る

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ