ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 高齢福祉保健課 > 有料老人ホームについて

本文

有料老人ホームについて

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051110 更新日:2020年7月13日更新

高齢者施設情報

老人を入居させて、介護等のサービスを提供する事業を行う施設が有料老人ホームとなります。

対象となるサービス

 次のいずれかのサービスを提供する場合(他に委託して供与する場合、将来において供与することを約する場合を含む)

  1. 食事の提供
  2. 入浴、排せつもしくは食事の介護
  3. 洗濯、掃除等の家事
  4. 健康管理

有料老人ホームの届出について

 上記1~4のうち、いずれかのサービスを提供する事業所は、有料老人ホームの届出が必要となります。

※老人下宿、高齢者共同住宅、シルバーマンション、宅老所等の施設設置者の方へ

有料老人ホームの定義から除外される施設

  1. 老人福祉施設(養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホームなど)
  2. 認知症対応型共同生活介護事業を行う住居(認知症高齢者グループホーム)

有料老人ホーム設置者の義務

  1. 県知事への設置・変更・休止・廃止の届出
  2. 帳簿(費用、日常生活上の便宜、苦情等)の作成・保存(2年間)
  3. 情報開示
  4. 一時金の保全措置
  5. 県の設置運営指導指針の遵守

県内の有料老人ホーム情報

 最新情報と異なる場合があります。
 詳しくは、有料老人ホームに直接お問い合わせください。

住所地特例対象となる有料老人ホーム等(新潟市内を除く。)

参考

有料老人ホームを設置・変更・休止・廃止する場合の手続き

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ