ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 職員採用・県職員 > 新潟県職員採用案内 > 新潟県人事委員会ブログ(令和4年3月11日)

本文

新潟県人事委員会ブログ(令和4年3月11日)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0470392 更新日:2022年3月11日更新

令和4年3月11日  勤務時間外におけるお付き合い

人事委員会事務局Zから二言三言

初めまして。人事委員会事務局のZです。
勤務時間外や休日における職場の人たちとの付き合い、気になるところではないでしょうか?
そこで、私のこれまでの経験を「包み隠さず」お話したいと思います。 

👉このブログは県公式noteでもご覧いただけます📖<外部リンク>

20年近く前、他の人よりもかなり遅れて30歳近くで採用された私は、最初に地域振興局地域整備部に配属されました。
そこでは休日の職場旅行が残っていました(今はないと思いますが・・・)。
また、職場の野球チームがあり、勤務後に練習したり、休日に試合に出たりということも行われていました⚾(これは今もあるかもしれません)。
そんなレトロな職場でしたが、3年間楽しく過ごすことができました。
それは、それらの行事に参加することを強制されないし、参加しなくても全く不利益がなかったからです。

お酒は嫌いな方ではなく、というか大好きなので、野球の練習には一切参加せずに、野球チーム(職場の人全員が加入)の飲み会だけ参加したりしていました。(こんな参加の仕方も許されています😊)
旅行に参加する人は半分くらいで、行きたくない人は参加していませんでした。私も一回だけ参加して、その後は行きませんでした。

次の職場も、職場旅行が残っているデッドストックな職場でしたが、ここでの職場旅行は楽しかったので毎回参加していました。
また、休日に職場の有志で長岡花火を見に行ったり、知り合いの市職員の人たちと鮎祭りや雪まつりに行ったりして楽しんでいました。

 花火 雪だるま

3番目の職場には職場旅行はありませんでした。
ようやく職場旅行から解放されて、やれやれと思っていたところ、ここで一風変わった上司に出会いました。
その人は、お酒が好きで、飲めば飲むほど頭の回転が速くなるような人。
陰では「県庁の李白」「酔拳の使い手」「酒呑童子」とか言われていました。
その上司に師事し、勤務時間後に、中心市街地活性化運動(飲むだけ)に取り組むことが多くなりました(これは今も続いています。コロナ禍で中断していますが・・・。)。

この他、職場によっては、仕事の延長的な飲み会があり、楽しさ半分つらさ半分といったときもありましたが・・・。

現在コロナ禍ということもあり、勤務時間外でのお付き合いは激減しました。
今の職場は人間関係が非常に良くて(過去最高くらい)、コロナ禍がなければ一緒に飲みに行きたい方が多いので、この点は非常に本当に残念です。

そもそも私は就職先を探していた当時、求人誌とかの職場の紹介記事で『休みの日は職場のみんなで旅行に行くこともあります。ほとんどの方が参加します』とか、『同期で集まりバーベキューやスキーに行っています』とか書いてあると、「んーなんか疲れそうな職場だな」と思っていました。
仕事以外の時間では適度な距離を保ちたい!
こんなプライベート重視な人間でも楽しくやっていけるのが新潟県庁です。仕事外の時間に付き合いを(直接・間接を問わず)強制されることはまずありません。
また、付き合いを望めば、本当にいろいろな人がいるので、気の合う人を見つけることができ、プライベートでの付き合いを深めることもできます。
新潟県庁は本当に懐の深い素晴らしい職場だと、心から思っています。

採用担当Tから一言

いつもと少し雰囲気の違う今回のブログ、いかがでしたか?
なんなのでしょうね、文章全体にそこはかとなく漂うこの空気感は…。
Zさん本人的にはもっと色々書きたいことがあったみたいですが、今回はブログ用にマイルドver.でお届けしました。Z氏の歯に衣着せぬ話が聞きたい方は、ぜひ県庁に入って本人を探し当ててみてください。

さて、こういう“趣ある人”もいれば、若々しくフレッシュに働く新人さんもいる!それが新潟県庁!
ということで、インスタ神動画の宣伝です📷
私の伝手を駆使して、1年目の素敵な男子と女子から、未来の後輩に向けたメッセージをいただきました。
とにかく最高です。笑
人事委員会公式インスタグラムから、まずは一度ご覧ください♪

インスタ

👉人事委員会公式インスタグラム 神動画はこちらから📷<外部リンク>

 

過去のブログはこちら♪

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ