ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 十日町地域振興局 健康福祉部 > 【十日町】医療従事者免許申請(診療放射線技師、臨床検査技師、衛生検査技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士)

本文

【十日町】医療従事者免許申請(診療放射線技師、臨床検査技師、衛生検査技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0060682 更新日:2019年12月6日更新

※平成27年6月1日より、歯科技工士免許の申請先が、保健所から「一般財団法人歯科医療振興財団」に変更となりました。
 歯科技工士に関する各種申請は、「一般財団法人歯科医療振興財団」へ直接申請してください。

「一般財団法人 歯科医療振興財団」へのリンクはこちら<外部リンク>

申請手続について

手続き内容 必要書類等
新規申請
  • 免許申請書 ※
  • 診断書 ※
    (発行日から1ヶ月以内のもの。用紙は申請書に添付してあるものを使用)
  • 本籍地の記載があり、個人番号のない住民票 または、                                   旧姓併記を希望される方、試験出願時から本籍や氏名の変更がある方は、変更の経過が確認できる戸籍抄(謄)本(いずれも発行日から6ヶ月以内のもの)
  • 登録済み通知書はがき※(63円分の切手/速達は353円分 を貼付)
  • 収入印紙 9,000円分
訂正・書換え交付申請
(本籍の都道府県名・氏名の変更)
  • 籍/名簿訂正 免許証書換え交付申請書 ※
  • 戸籍抄(謄)本(変更の経過が確認でき、発行日から6ヶ月以内のもの)
  • 現行の医療従事者免許証
  • 遅延理由書 ※
    (事由発生翌日から30日以上経過した場合。用紙は申請書に添付してあるものを使用)
  • 収入印紙 1件(申請書1通)につき1,000円分
再交付申請
(亡失、き損、汚したとき)
  • 免許証再交付申請書 ※
  • 戸籍抄(謄)本または住民票(発行から6ヶ月以内のもの)
    注:住民票の場合は、本籍地・筆頭者の記載があり、個人番号(マイナンバー)の記載の無いものをご用意ください。
  • 免許証を亡失した場合は申立書 ※
  • き損、汚した場合はその免許証
    ※亡失の場合でも、免許証のコピーや登録についてわかるメモ等があればお持ちください。
  • 再交付に関する調査及び意見書 ※
    (保健所で、申請者からの聞き取り等により作成します)
  • 収入印紙 3,100円分
  • 運転免許証等の公的身分証明書
登録まっ消申請
(死亡、失踪したとき)
※戸籍法による届出義務者が申請してください。
  • 登録まっ消申請書 ※
  • 死亡診断書、戸籍抄(謄)本、死体検案書、失踪宣告書のいずれかの原本(事実の確認ができるもの)を1部
  • 現行の医療従事者免許証(亡失した場合は申立書 ※)
  • 遅延理由書※(事由発生翌日から30日以上経過した場合)

◎ ※印のついている書類は保健所にあります。
◎ 収入印紙は最寄りの郵便局で購入してください。(保健所では購入できません)
◎ 氏名については、記名押印または署名のいずれかで記入してください。

◎ 受付時必要になる場合がありますので、認印もお持ちください。

受付・交付について

受付場所

 下記 [免許証の交付]についてもご注意いただき、住所地を所管する保健所に提出してください。
 ※登録抹消申請以外は、ご本人が申請してください。

免許証の交付

 混雑状況により異なりますが申請から3~6か月程度で、保健所から交付通知はがきを郵送します。

 受付をした保健所で免許証を交付します、原則として申請者ご本人が窓口にお越しください。 

 代理受領については必ず申請時にご相談ください。

 

登録免許税の見直しについて

 診療放射線技師・臨床検査技師・衛生検査技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士などの医療関係職種の免許を有する方が、籍(名簿)訂正の申請する際の、登録免許税の取扱いの見直しが行われました。

 登録事項変更の登録を受けた日から5年を経過していない申請については、過誤納金の還付を請求することができます。該当する方は、還付通知請求書に必要事項を記載のうえ、請求可能期間内に厚生労働省まで提出してください(期間内必着)。

見直しの内容及び還付請求の方法の詳細については、こちらをご覧ください。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ