ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 三条地域振興局 地域整備部 > 【三条】笠堀ダム洪水対応演習を実施しました

本文

【三条】笠堀ダム洪水対応演習を実施しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0057356 更新日:2021年4月23日更新

 笠堀ダムでは、防災体制に万全を期すためダム洪水対応演習を実施しました。この演習は梅雨や台風などの出水期を前に、ダム放流時の危険防止の措置(関係機関への通知、放流警報等の一般への周知)やダムの防災時操作(洪水調節)を的確に行うことを目的としています。毎年この時期に実施しており、安全なダム管理をするための訓練です。 

演習実施日

令和3年4月20日(火曜日)

演習内容

 近年頻発している計画を上回る洪水に対応するため、事前放流を行うシナリオで、防災時操作(洪水調節)を経て、異常洪水時防災操作に至るまでの一連のダム状況やゲート操作に伴う情報伝達訓練を関係機関にご協力いただき本番同様に行いました。
 また、警報車による下流河川パトロールを行い、河川内に人を発見した場合の対応を確認しました。

 ご協力いただいた国土交通省北陸地方整備局信濃川下流河川事務所をはじめ、三条市、三条市消防本部、三条警察署、JR東三条駅、発電管理センター、三条農業振興部のみなさま、無事に演習を終えることができました。ありがとうございました。引き続き、ダム放流時の情報共有にご協力をお願いいたします。

パトロールの様子

【警報車による五十嵐川パトロールの様子】 ウォータープレイかわせみ(三条市塩野渕)

演習当日の笠堀ダム

笠堀ダム写真

 これから出水期を迎えます。近年、全国各地で記録的な大雨による水害が激甚化・頻発化しており、いつどこで発生するかわからない状況です。河川に近づく場合は、ダムからの放流に関するサイレンや放送などに注意し、河川の増水の際には充分に気をつけていただくようお願いいたします。
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ