ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 土木部 砂防課 > 雪崩危険箇所について

本文

雪崩危険箇所について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0056097 更新日:2019年3月29日更新

雪崩危険箇所とは?

雪の多い新潟県では、雪崩災害がたくさん発生しています。
県では、過去に雪崩が発生した、または発生するおそれがある斜面を調査し、「雪崩危険箇所」として公表しています。

一般的に、角度が30度以上で高低差が10m以上ある斜面が雪崩の危険があると言われていますが、斜面の植物の生え方(植生)や気象条件によっては、それ以下でも雪崩が発生することがあります。
積雪が増えてきたら、お近くの斜面の状況をご確認ください。

雪崩危険箇所の調べ方

雪崩危険箇所は「なだれ危険箇所マップ」、「雪崩危険箇所図」としてまとめているほか、「防災マップ」にも掲載しています。
下記のリンクからご覧ください。

※雪崩危険箇所自体は、どのマップ・図面も同一です。目的に合わせてご利用ください。

※国有林内のなだれ危険箇所については、森林管理局のホームページで位置図がご覧になれます。

国有林内のなだれ危険箇所<外部リンク>

なだれ危険箇所マップ

雪崩防災マップの見本

なだれ危険箇所マップ(市町村単位)
 雪崩危険箇所を市町村単位の地図上に記載したものです。
 ポスターのように掲示する際に便利です。
 なだれ危険箇所マップ(市町村単位)はこちら

雪崩危険箇所図

なだれ危険箇所マップよりも、大縮尺の地図上に雪崩危険箇所を記載したものです。雪崩危険箇所を詳しく確認したいときに便利です。
Zooma(閲覧ソフト)版とPDF版があります。

雪崩危険箇所図一覧はこちら<外部リンク>

雪崩危険箇所図(Zooma版)の画像
雪崩危険箇所図(Zooma版)

雪崩危険箇所図(PDF版)の画像
雪崩危険箇所図(PDF版)

防災マップ

防災マップ画面の見本

新潟県防災マップにも雪崩危険箇所を掲載しています。
 左上の凡例から「土砂災害関連情報」を選択し、さらに「雪崩危険箇所」を選択してください。
 見え方は雪崩危険箇所図とほぼ同じですが、Googleマップ上に記載しています
 (冬期閉鎖区間や雪崩発生箇所は記載していません)
 防災マップはこちら<外部リンク>

雪崩について知るには

「土砂災害や雪崩に備えよう(砂防課ホームページ)」や、「とってもあぶない「なだれ」の話」では、雪崩発生のメカニズムや前兆現象などを解説しています。
雪崩危険箇所とあわせてご確認ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ