ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 農地部 農地建設課 > 農業用の水路・ため池水難事故防止強化期間について

本文

農業用の水路・ため池水難事故防止強化期間について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0055518 更新日:2022年4月14日更新

「4月20日~5月20日」は、水難事故防止強化期間です。

 水難事故防止強化期間には、県内の施設管理者等が水路・ため池の安全施設の点検・注意喚起広報活動等を実施します。

 自治会・町内会におかれましても、身近な水路やため池の危険な場所はどこなのか、かつて事故があった場所はどこなのか、地域の皆様で情報共有するなど水難事故防止強化にご協力お願いします。

R4リーフレットP1R4リーフレットP2
R4水難事故への注意喚起リーフレット [PDFファイル/1.11MB]

地域のみなさんへ

  • これからの農作業が始まる季節、農業用の水路やため池では水量が増えるため、より一層の注意が必要です。
  • 子供たちや高齢者が、不用意に近づかないように、地域の皆さんからも「あぶないよ!」と、声かけをお願いします。

施設管理者のみなさんへ

  • かんがい期間が本格的に始まる4月20日~5月20日を「農業用の水路・ため池水難事故防止強化期間」とします。
  • 農業水利施設(特に危険箇所)に対するパトロールを強化し、必要な場合は安全施設、危険表示看板を設置してください。
  • 既存の安全施設を再点検し、必要なものは補修等を行ってください。
  • 近隣の集落、小中学校及び高齢者施設等と連携した水難事故防止に対する啓発活動を強化してください。

2022ポスター

2022年水難事故防止ポスター [PDFファイル/4.94MB]

 

報道発表 [PDFファイル/90KB]

 

このページはリンク自由です

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ