ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 長岡地域振興局 健康福祉環境部 > 【長岡】臓器移植と臓器提供意思表示カード

本文

【長岡】臓器移植と臓器提供意思表示カード

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0123704 更新日:2018年4月1日更新

臓器移植とは

 臓器移植とは、重い病気や事故などで臓器の機能が低下した方に、他の方の健康な臓器を移植して機能を回復させる医療です。そのため、臓器移植は第三者の善意による臓器の提供がなければ成り立たちません。

臓器提供とは

 臓器提供は、脳死後あるいは心臓が停止した死後にできます。
 2010年7月17日の臓器移植法改正により、本人が臓器を提供する意思を表示している場合に加えて、本人の臓器提供の意思が不明な場合でも、ご家族の承諾があれば臓器提供できるようになり、15歳未満の方からの脳死後の臓器提供も可能になりました。

 臓器提供をしないという意思表示もできます。その意思が確認されれば、家族が提供を希望しても臓器提供がされることはありません。
 自分の意思を尊重するためにも、家族とよく話し合って「提供する」「提供しない」どちらかの意思を表示しておくことが大切です。

提供しない意思については、15歳未満の方の意思表示も有効です。

意思表示の方法

  1. 意思表示ガードへの記入
    ※保健所や市町村役場、病院等に置いてあります。
  2. 運転免許証、医療保険の被保険者証、マイナンバーカード(個人番号カード)への記入
  3. インターネットによる意思表示
    ※『公益社団法人日本臓器移植ネットワーク』のホームページから登録可能です。

関連リンク

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ