ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

【村上】森林を守る

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0053007 更新日:2020年6月25日更新

村上農林部森林・林業担当のページへ戻る

松くい虫被害について

(1)村上管内の海岸松林の現状

お幕場森林公園の松林の画像
お幕場森林公園の松林

松くい虫により枯れたアカマツの画像
松くい虫により枯れたアカマツ

海岸松林は、防風・飛砂防備・潮風害軽減等の防災機能を有し、地域住民の生活環境を守るうえで重要な役割を果たしています。村上市の海岸松林は景勝地としての価値も高く、また、地域住民のレクリエーションの場としても親しまれています。
こうした海岸松林においては、「松くい虫被害」と呼ばれる松を枯死させる森林病害虫被害が問題となっています。

 

新潟県内の松くい虫被害量の推移
図:松くい虫被害量の推移(黄色棒グラフは全県、赤折れ線グラフは村上管内)

村上管内では、昭和54年に初めて松くい虫被害の発生が確認されました。被害量は平成元年まで年々増加していましたが、徹底した防除事業により現在では減少傾向にあります。

令和2年度の被害量は新潟県全体で2,999m³、村上管内では59.6m³でした。

(2)松くい虫被害への対策

松くい虫被害とは、松枯れの直接の原因となるマツノザイセンチュウと、それを媒介するマツノマダラカミキリの共生関係によって引き起こされます。

そのため、マツノザイセンチュウがマツノマダラカミキリによって健全な松に運ばれるのを防ぐため、松の葉に薬剤を散布する「予防」や、マツノマダラカミキリの幼虫がいる枯損木を伐倒・薬剤処理する「駆除」が行われています。

特に大切な松の場合は、侵入するマツノザイセンチュウの殺虫を目的に、薬剤の樹幹注入が行われる場合もあります。

写真:航空防除(ヘリ散布)の状況
予防事業航空防除(ヘリ散布)

写真:地上散布の状況
予防事業地上散布

写真:伐倒駆除(くん蒸)の状況
駆除事業伐倒駆除(くん蒸)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ