ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

オゾン層を守るために

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0047701 更新日:2019年3月29日更新

 オゾン層保護対策は、条約に基づき国際的に協力して進められており、日本では「オゾン層保護法」を制定し、CFC(代表的なフロン)等の生産規制等を実施しています。

フロンとは

 フロンとは、炭素、フッ素、塩素等が結合した化合物の総称で、代表的なものに、次の3種類があります。

  • CFC(クロロフルオロカーボン)
    塩素、フッ素、炭素の化合物。オゾン層を破壊する力が大きいため1995年末までに全廃されました。
  • HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)
    CFCの塩素の一部が水素に置き換わったもの。CFCほどではありませんが、オゾン層を破壊する力があるため、2019年末までに全廃されることになっています。
  • HFC(ハイドロフルオロカーボン)
    水素、フッ素、炭素からなる化合物。特定フロン等の代替物質として使用されており、塩素を含まないためオゾン層は破壊しませんが、CFC、HCFCと同様に地球温暖化の原因物質となっています。

国際的な取組

 オゾン層の保護は、地球環境問題として国際的に取組が進められてきました。
 1985年の「オゾン層保護のためのウィーン条約」及び1987年の「オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書」の採択により、CFC等の生産量や消費量の段階的削減が行われてきました。
 その後、議定書の改正などにより、規制スケジュールの前倒しや規制物質の追加など規制が強化されています。特定フロン(CFC5種)、四塩化炭素、1,1,1-トリクロロエタンは、1995年末で全廃、臭化メチルは、2005年末で全廃、また、HCFCは2019年末までに全廃されることになっています。

オゾン層保護法

 日本では、1988年5月に世界に先駆けてオゾン層保護法を制定しました。
同法では、モントリオール議定書で生産量等の規制の対象となっている物質を「特定物質」として、次のことが定められています。

  1. 議定書に定められたスケジュールに沿った特定物質の製造数量等の規制
  2. 特定物質の使用事業者に対する排出抑制・使用合理化の努力義務
  3. オゾン層及び大気中の特定物質濃度の状況の観測及び監視

オゾン層保護法の画像

地球環境問題のページに戻る

環境にいがたトップページへ

このページに関するお問い合わせは

環境企画課地球環境対策室
〒 950-8570 新潟県新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5150
ファクシミリ: 025-280-5166
電子メール: ngt030150@pref.niigata.lg.jp
このページに関するお問い合わせは<外部リンク>

このページはリンク自由です

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ