ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > スポーツ・公園 > にいがた スポーツの魅力(ちから)

本文

にいがたスポーツの魅力(ちから)~今こそ、明日こそ~

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0283806 更新日:2021年1月20日更新

今こそスポーツ!~安全に、楽しく、免疫力もアップ~

大規模スポーツイベントにおける新型コロナウイルス対策の先進事例

 令和2年10月1日から3日の間にデンカビッグスワンスタジアムにおいて開催された「第104回日本陸上競技選手権大会」での感染拡大防止対策を株式会社新潟アルビレックスランニングクラブ(同大会の感染症対策を担当)のご協力により公開します。

先進事例

新型コロナウイルス対策-先進事例資料- [PDFファイル/11.42MB]

 

 なお、対策の詳しい内容を知りたい場合は、株式会社新潟アルビレックスランニングクラブにお問合せ願います。

 〔お問合せ先〕

 株式会社新潟アルビレックスランニングクラブ

 電話番号:025-201-7666  Fax:025-201-7656 

 公式ホームページ<外部リンク>

西原教授(新潟医療福祉大学)からのメッセージ

 思うようにスポーツ活動ができない今だからこそ、多くの方々がスポーツの必要性を再認識されていると思います。そうしたスポーツの価値や必要性、新型コロナウイルス感染収束後のスポーツへの向き合い方について、西原康行教授(新潟医療福祉大学健康科学部長・健康スポーツ学科長)からメッセージをいただきました。

 

 西原康行教授(新潟医療福祉大学健康科学部長・健康スポーツ学科長)<外部リンク>

運動不足による健康二次被害を予防する為に 【スポーツ庁】

  令和2年11月、スポーツ庁では、健康二次被害の拡大を防ぐためにも、安全・安心に運動・スポーツを実施していただくために、(1)テレワークで座位時間が増えた方、(2)お子さんを持つ御家族、(3)ご高齢の方、といったターゲット別に、運動・スポーツの実施啓発リーフレットを作成しています。

ターゲット別 運動・スポーツの実施啓発リーフレット
テレワークで座位時間が増えた方向け [PDFファイル/9.32MB] お子さんを持つご家族向け [PDFファイル/6.85MB] ご高齢の方向け [PDFファイル/9.75MB]
在宅 子ども 高齢者

 

また、特に健康二次被害が懸念される高齢者向けには、スポーツを通じて健康二次被害を防ぐためのガイドラインを作成しています。

スポーツを通じた高齢者向け健康二次被害予防ガイドライン
ガイドラインリーフレット [PDFファイル/5.17MB]
高齢者

スポーツ庁ホームページ<外部リンク>

自宅でできる運動動画

 外出自粛やスポーツ施設の休止要請により、運動できる環境が限られる中、運動不足等による健康二次被害が懸念されています。

 感染拡大を防止しつつ、安全・安心にスポーツに取り組み、運動不足とストレスの解消を心がけましょう。

 ここでは、総合型地域スポーツクラブ等が作成した、自宅でできる運動動画を紹介します。 

スポーツ庁

 子どもの運動あそびサイト<外部リンク>

運動動画(総合型地域スポーツクラブ等)

 

NPO法人阿賀野市総合型クラブ<外部リンク>

NPO法人スポーツクラブたいない<外部リンク>

長岡蒼柴スポーツクラブ<外部リンク>

NPO法人ユースポ!<外部リンク>

NPO法人ふるさとづくり妙高<外部リンク>

新潟市立総合教育センター 運動不足を解消したい子どもたちへ4分間エクササイズを紹介します<外部リンク>

新潟県健康づくり・スポーツ医科学センター 事業ムービー<外部リンク>

                                                          トッキッキ

健康立県の推進

県ではすべての県民が生き生きと暮らせる「健康立県」の実現を目指し、健康づくり県民運動「ヘルスプロモーションプロジェクト」を推進しています。

健康づくり県民運動「ヘルスプロモーションプロジェクト」(健康にいがた21)<外部リンク>

 

🌑健康立県コンセプトムービー

🌑健康立県コンセプトムービー「運動」編

スポーツ関係の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン

 スポーツ庁、各スポーツ関係団体により、各種スポーツ活動の再開に向けた、感染拡大予防のためのガイドラインが作成されましたので、紹介します。


※今後、随時ガイドラインについては追加予定です。

スポーツ庁ホームページ<外部リンク>

明日こそスポーツ!

 これからのスポーツの実施等に向けた支援事業等を紹介します。

新潟県スポーツイベント等開催支援事業補助金

 県では、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止が相次いでいるスポーツ大会やスポーツイベント(以下、「イベント等」という。)の開催、活動の縮小を余儀なくされている総合型地域スポーツクラブの活動を支援するため、以下のとおり補助事業者の募集を令和2年11月16日(月曜日)から開始しています。

補助金概要

 
項目 スポーツイベント開催支援 総合型地域スポーツクラブ活動支援
対象者 県内でイベント等を開催する団体 新潟県総合型地域スポーツクラブ
対象事業

次のいずれにも該当するイベント等

  • 県内で開催され広く県民にスポーツ・運動の機会を提供するもの
  • ガイドラインに沿った感染拡大予防対策を講じているもの
  • 市町村の範囲を超えて参加者を募集するもの

新潟県総合型地域スポーツクラブが開催する教室、又は会員だけでなく地域住民も参加できるイベント等で、ガイドラインに沿った感染拡大予防対策を講じているもの
ただし、地方公共団体の委託事業や補助事業で行うものを除く

補助率・
限度額

10分の10

400千円

10分の10

200千円

対象期間

令和2年12月1日(火曜日)から令和3年3月14日(日曜日)まで

 補助金詳細及び申請様式等は下記リンクをご確認ください。

 新潟県スポーツイベント等開催支援事業補助金

 

 「スポーツ応援!にいがた結プロジェクト」

 「スポーツ応援!にいがた結プロジェクト」のクラウドファンディング支援は終了しました。
 (支援募集期間:令和2年6月5日(金曜日)~令和2年6月30日(火曜日))

 https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/kenminsports/020605.html

 多くのご支援ありがとうございました。


「スポーツ応援!にいがた結プロジェクト」結果報告

クラウドファンディング 口座振込等 企業協賛・寄付
3,063,000円 (713口) 665,000円 3,270,000円

6,998,000円

※ クラウドファンディング:「にいがた、いっぽ」(新潟日報社)のシステムを通じた支援額です。
※ 口座振込等:口座振込、現金書留により寄せられた支援額です。
※ 企業協賛・寄付:「にいがた結プロジェクト」に賛同いただいた企業からの支援額です。

ソーシャルメディアによる情報発信

 「スポーツ応援!にいがた結プロジェクト」の周知及び県民のスポーツ活動の推進を目的として、下記のとおりソーシャルメディアを開設し、情報発信を行います。

 

SNSの紹介
SNSアカウント QRコード
新潟県スポーツ課のTwitter(ツイッター)<外部リンク> Twitter
新潟県スポーツ課のFacebook(フェイスブック)<外部リンク> Facebook
新潟県スポーツ課のInstagram(インスタグラム)<外部リンク> Instagram

 ※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

応援メッセージ~活かしたい、つなぎたい、スポーツの魅力(ちから)~

 新潟県ゆかりのアスリート等からの応援メッセージ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、活動が中止や延期となったスポーツ団体、活躍の場を失ったアスリート、そしてスポーツに親しむすべての県民を応援するため、新潟県にゆかりのあるアスリート等からの応援メッセージを紹介します。

※敬称略・順不同

※応援メッセージ動画の中で「スポーツ応援!にいがた結プロジェクト」のクラウドファンディング支援を呼びかけるコメントがありますが、クラウドファンディングは現在終了しています。

○ 6月12日掲載開始分【6名】

 
富樫勇樹 富樫 勇樹 (バスケットボール・千葉ジェッツ)<外部リンク>
服部勇馬 服部 勇馬 (マラソン・トヨタ自動車)<外部リンク>
上尾野辺めぐみ 上尾野辺 めぐみ (サッカー・アルビレックス新潟レディース)<外部リンク>
堀米悠斗 堀米 悠斗 (サッカー・アルビレックス新潟)<外部リンク>
小林快 小林 快 (競歩・新潟アルビレックスランニングクラブ)<外部リンク>
佐藤凌

佐藤 凌 (走高跳・新潟アルビレックスランニングクラブ)<外部リンク>

報道発表資料(6月12日) [PDFファイル/161KB]

別紙(第1弾掲載の6名について) [PDFファイル/506KB]

 


○ 6月17日掲載開始分【7名】

 
志水祐介 志水 祐介 (水球・ブルボンウォーターポロクラブ柏崎)<外部リンク>
棚村克行 棚村 克行 (水球・ブルボンウォーターポロクラブ柏崎)<外部リンク>
稲場航平 稲場 航平 (水球・ブルボンウォーターポロクラブ柏崎)<外部リンク>
稲場悠介 稲場 悠介 (水球・ブルボンウォーターポロクラブ柏崎)<外部リンク>
新田一景 新田 一景 (水球・ブルボンウォーターポロクラブ柏崎)<外部リンク>
今村花 今村 花 (水球・ブルボンウォーターポロクラブ柏崎)<外部リンク>
小出未来 小出 未来 (水球・ブルボンウォーターポロクラブ柏崎)<外部リンク>

 


○ 6月19日掲載開始分【5名】

 
五十嵐圭 五十嵐 圭 (バスケットボール・新潟アルビレックスBB<外部リンク>
水沼尚輝 水沼 尚輝 (競泳・新潟医療福祉大学職員)<外部リンク>
佐藤綾 佐藤 綾 (競泳・新潟医療福祉大学職員)<外部リンク>
松井浩亮 松井 浩亮 (競泳・新潟医療福祉大学職員)<外部リンク>
若月隼太 若月 隼太 (アルペンスキー・近畿大学)<外部リンク>

 


○ 6月26日掲載開始分【2名】

 
北川直美 北川 直美(バスケットボール・新潟アルビレックスBbラビッツ)<外部リンク>
豊山 豊山(相撲・時津風部屋)<外部リンク>

 

報道発表資料(6月26日) [PDFファイル/168KB]

別紙(掲載アスリートの紹介) [PDFファイル/1.72MB]

 


7月20日掲載開始分【1名】

 
若林康太 若林 康太 (陸上・Hulft陸上部)<外部リンク>

総合型地域スポーツクラブからのメッセージ

 総合型地域スポーツクラブ「NPO法人希楽々」から県内の総合型クラブの現状について、動画メッセージが届きました。ぜひご覧ください。

※令和2年6月21日放送の「県政ナビ」の内容です。

  NPO法人希楽々<外部リンク>

新潟のアスリート活躍の軌跡

 新潟では、これまで多くのアスリートが輝きを放ち、県民に夢と希望を与えてくれました。これからもこの輝きをつなぎ、スポーツで新潟を元気にしていきたいですね。

 スポーツ×ストーリーズ(新潟日報リンク)<外部リンク>

新潟スポーツ展示室の展示品をリニューアルしました

 新潟スポーツ展示室(デンカビッグスワンスタジアム内)では、本県出身のアスリートの方々から新たに寄贈いただいたゆかりの品を展示し、リニューアルしました。
 デンカビッグスワンスタジアムにお越しの際は、ぜひご覧ください。

 

 詳しくは下記リンクをご確認ください。

 新潟スポーツ展示室の展示品を一部リニューアルしました。

 新潟スポーツ展示室について

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


SNS