ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 令和3年度農業総合研究所研究成果発表会 > 研究成果詳細解説 いちご「越後姫」果実カラーチャートの開発

本文

研究成果詳細解説 いちご「越後姫」果実カラーチャートの開発

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0408196 更新日:2021年7月12日更新

いちご「越後姫」果実カラーチャートの開発

スライド1
 令和3年度研究成果情報『いちご「越後姫」果実カラーチャートの開発』について説明します。
スライド2
 いちご「越後姫」は、県内だけでなく県外実需者からも高い評価を得ています。
 しかし、「越後姫」は果皮が柔らかく、収穫時期・収穫後の管理条件・販売形態に応じて異なる果皮色の果実を収穫します。
 そのため、果皮色を指標とした収穫適期を明確化する必要があります。
 そこで、品質安定化のため収穫時期を明確に判定できるカラーチャートを開発しました。
スライド3
 特定の照明条件で果実を撮影した画像に、色彩解析と形状解析を施して、果色変化モデルと果実の標準形状を算出しました。
 果皮色がRGB空間で直線的に変化する果色変化モデルに基づいて果皮色G値が等間隔になるように、「越後姫」の平均的果形の果実写真を配置した5段階のカラーチャートを作成しました。
スライド4
 カラーチャート未使用時では熟練者が82.5%、初心者が72.0%
カラーチャート使用時には熟練者が82.5%、初心者が86.5%
 初心者ではカラーチャートの利用により収穫判定一致率の向上効果が認められました。
スライド5
 カラーチャート値と果実硬度の関係を示します。
 カラーチャート値と果実硬度には負の相関があり、着色が進むにつれて果皮硬度が低下します。
スライド6
 果皮色と果実糖度の間に関係は認められませんでした。
 「越後姫」は、着色初めの段階で十分に糖度が上昇しています。
スライド7
 果皮色と果実酸度の関係はありません。
 カラーチャート値から糖度や酸度は推定できません。
スライド8
 本説明のまとめです。
 新潟大学農学部食品・情報工学研究室および植物栄養学研究室との共同研究によりいちご「越後姫」果実カラーチャートを開発しました。
 カラーチャートを利用することによって初心者であっても高い精度で収穫果実の判定が可能になります。
 収穫時期や販売形態などに応じた収穫適期が明確になるので、安定した外観と品質の果実を消費者へ提供できるようになります。
 カラーチャートは農業総合研究所ホームページからダウンロード可能です。
スライド9

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ