ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 土木部都市局 都市整備課 > HARD OFF ECOスタジアム新潟

本文

HARD OFF ECOスタジアム新潟

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0061419 更新日:2019年3月29日更新

 HARD OFF ECOスタジアム新潟は、緑広がる新潟県スポーツ公園内にある、プロ野球も開催できる本格的な野球場です。
 広々とした屋内練習場、ナイター照明や大型映像装置付スコアボード等を備えた、ハイグレードなベースボールスタジアムです。
 隣接する「デンカビッグスワンスタジアム」と共に、「新潟県スポーツ公園」の中心施設となっております。

ハード オフ エコ スタジアム新潟の航空写真
写真:株式会社ミヤガワ

施設の概要

  • 収容人員
    内野:約2万人 椅子席
    外野:約1万人 ベンチ席(県産材越後スギブランド材使用)
  • 規模・構造
    鉄骨鉄筋コンクリート造 地上4階、地下1階
    建築面積:12,951.66平方メートル
  • フィールド
    ロングパイル人工芝(t=62mm)
    マウンド:黒色混合土 ベース周り:アンツーカ
  • スコアボード
    LED方式
  • 大型映像装置
    フルカラーLED方式
    大きさ 約430インチ(5.4m×9.6m)
  • 竣工
    2009年6月

ハード オフ エコ スタジアム新潟の外観写真
写真:株式会社ミヤガワ

ハード オフ エコ スタジアム新潟のフィールド状況写真

所在地

新潟市中央区清五郎(新潟県スポーツ公園内)

ハード オフ エコ スタジアム新潟の所在地

交通アクセス

  • 公共交通機関 新潟駅南口発 S7系統 スポーツ公園線 約20分 「スポーツ公園前」下車すぐ(新潟交通路線バス)
  • 北陸・磐越自動車道 新潟中央I.Cから車で約5分
  • 日本海東北自動車道 新潟亀田I.Cから車で約5分
  • 国道8号(新潟バイパス) 女池I.Cから車で約5分
  • 国道49号(亀田バイパス) 姥ヶ山ICより車で約7分

※詳しくは、HARD OFF ECOスタジアム新潟のページをご覧ください。<外部リンク>

ハード オフ エコ スタジアム新潟のホームページへリンク

ネーミングライツ(命名権)

※ネーミングライツ(命名権)については過去の記事をご覧ください。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ