ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務管理部 統計課 > よくある質問(FAQ)  労働・賃金

本文

よくある質問(FAQ)  労働・賃金

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0126046 更新日:2018年12月18日更新

Q1 新潟県の市町村別、産業別の就業者数が知りたい。

A1 「新潟県統計年鑑」(労働・賃金の章)をご覧ください。市町村、常住地による産業、職業別の15才以上就業者数を掲載しています。都道府県別の数値は、総務省統計局の「国勢調査「就業状態等基本集計結果」」または「就業構造基本調査」をご覧ください。

Q2 働いている人がどこの市町村に通勤しているか知りたい。

A2 総務省統計局の国勢調査「従業地・通学地による人口・就業状態等集計結果」をご覧ください。
通勤・通学人口、従業地による就業者の産業別構成などが掲載されています。

総務省統計局「国勢調査」<外部リンク>

Q3 都道府県・市町村別の失業率を知りたい。

A3 都道府県別の失業率については、総務省統計局「労働力調査」でモデル推計値が公表されています。ただし、全国結果に比べて結果精度が十分に確保できないとみられることから、使用にはご留意ください。
市町村別失業率については公表されていませんが、失業者数は、総務省統計局の国勢調査「就業状態等基本集計結果」に掲載されています。
なお、全国の失業率は総務省統計局「労働力調査」に掲載されています。

Q4 新潟県の毎月の求人数、求人倍率が知りたい。

A4 厚生労働省新潟労働局職業安定部「雇用の動き(統計資料)一般職業紹介状況」等をご覧ください。

厚生労働省新潟労働局<外部リンク>

Q5 新潟県内学卒者の就職状況について知りたい。

A5 「新潟県統計年鑑」(労働・賃金の章)をご覧ください。学歴別に新規学校卒業者の職業紹介状況を掲載しています。

新潟県統計年鑑

Q6 新潟県の労働者の賃金・労働時間・労働者数等が知りたい。また、年齢階級別の平均賃金が知りたい。

A6 賃金・労働時間・労働者数等については「毎月勤労統計調査月報」、「賃金、労働時間及び雇用の動き(年報)」をご覧ください。毎月及び年毎の業種別・事業所規模別の賃金、労働時間及び常用・パート別の推計労働者数等について掲載しています。年齢階級別の平均賃金については、厚生労働省「賃金構造基本統計調査」を参照してください。

Q7 県内の退職者数や退職金の状況が知りたい。また、団塊世代の状況についても知りたい。

A7 退職者数は、厚生労働省「雇用動向調査」の離職者数をご覧ください。年齢階級別が掲載されています。
退職金は、平成19年度以降、把握できなくなりました。平成18年度以前のデータについては県産業労働観光部労政雇用課「新潟県「退職金制度実態調査」結果報告書」をご覧ください。退職金制度、産業別、規模別の状況について掲載されています。
団塊世代の状況については、人口は、「新潟県統計年鑑」(人口・世帯の章)をご覧ください。年齢別人口を掲載しています。都道府県別の数値は、総務省統計局の国勢調査「人口等基本集計」をご覧ください。
労働力人口は、「新潟県統計年鑑」(労働・賃金の章)をご覧ください。年齢階級別の労働力人口を掲載しています。都道府県別の数値は、総務省統計局国勢調査「就業状態等基本集計結果」をご覧ください。

Q8 県内の正規・非正規の職員の数が知りたい。

Q8 総務省「就業構造基本調査」をご覧ください。
「従業上の地位・雇用形態」に係る統計表に正規・非正規の有業者数が掲載されています。

総務省「就業構造基本調査」<外部リンク>

新潟県オープンデータ
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ