ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 加茂湖赤潮プランクトン調査結果(10月19日)

本文

加茂湖赤潮プランクトン調査結果(10月19日)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0323047 更新日:2021年10月19日更新

1.現在の状況

  • 県水産海洋研究所は加茂湖赤潮調査を10月19日に実施しました。
  • 調査の結果、赤潮プランクトン(ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマ)が1個/ml確認されました。
  • 現時点で、赤潮プランクトンによる養殖カキの異常は見られません。

2.対応

  • 赤潮の発生が確認されなかったため、本年度の調査は終了します。

3.ヘテロカプサ・サーキュラリスカーマの特徴

  • 人体への影響はありません。
  • 魚類や甲殻類もほとんど影響を受けません。
  • 貝類(特に二枚貝)が特異的に被害を受けます。
  • 高水温、高塩分で発生します。
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ