ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 障害福祉課 > 心身障害者扶養共済制度の様式

本文

心身障害者扶養共済制度の様式

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0059683 更新日:2019年3月29日更新

心身障害者扶養共済制度の所定の様式を掲載しています。
なお、掲載している様式のほかに添付書類が必要となります。
また、専用の用紙に記入していただく場合があります。

詳しくは、市町村担当窓口までお問い合わせください。

加入の申込みをするとき

新たに加入の申込みをするとき、既に加入していて口数を追加するときなど

加入者が死亡した(重度障害となった)とき

年金支払いの請求を行ってください。
手続きをしていただかなければ、年金をお支払いすることができませんので、ご注意ください。
加入者がお亡くなりになった(重度障害になった)月から年金をお支払いします。

加入者より先に障害者が死亡したとき

1年以上加入した後に、加入者の方より先に障害のある方が死亡したときは、一時金として加入期間に応じて、弔慰金が支払われますので、弔慰金支払いの請求を行ってください。

制度から脱退するとき

脱退届の提出が必要です。

また、5年以上加入した後に脱退するときは、一時金として加入期間に応じて、脱退一時金が支払われますので、脱退一時金請求の手続きを行ってください。

その他の様式

※ 年金管理者を新たに指定する場合は、年金管理者指定届(第23号様式)になります。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ