ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・安全・環境 > 防災 > 新潟県内の救急業務の現況を公表します

本文

新潟県内の救急業務の現況を公表します

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0466952 更新日:2022年2月28日更新
 新潟県内の令和3年4月1日時点の救急業務実施体制及び令和2年中の救急業務実施状況について、お知らせします。
 各消防本部及び県において救急救命士の養成を進めた結果、本県では、救急救命士を運用している救急隊数の割合が前年に引き続き100%を維持するとともに、救急隊員として運用される救急救命士の数が前年より20人、3.0%増加するなど、救急業務実施体制の整備が進んでいます。
 また、前年と比較して救急出動件数は10.5%、救急搬送人員は11.2%、それぞれ減少していますが、救急自動車が現場に到着するまでの平均時間は0.3分延伸、傷病者が医療機関に収容されるまでの平均時間は0.8分延伸しました。
県では、質の高い適切な救急搬送及び受入れのため、引き続き救急救命士や救急隊員の養成支援を進めるとともに、消防機関と医療機関の連携推進を図ってまいります。
 詳細は、下記リンクをご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ