ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業労働部 しごと定住促進課 > 職場におけるハラスメント防止対策の強化(中小事業主は令和4年4月よりパワハラ防止措置の義務化)

本文

職場におけるハラスメント防止対策の強化(中小事業主は令和4年4月よりパワハラ防止措置の義務化)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0408218 更新日:2021年7月6日更新

 令和元年6月5日に女性の職業生活における活躍の推進等に関する法律等の一部を改正する法律が公布され、労働施策総合推進法、男女雇用機会均等法及び育児・介護休業法が改正されました(令和2年6月1日施行)。
 本改正により、職場におけるパワーハラスメント防止のために、雇用管理上必要な措置を講じることが事業主の義務となり、中小事業主においては、令和4年4月1日よりパワーハラスメント防止措置が義務化されます。(それまでは努力義務)
 改正内容の詳細は、以下のリーフレットにてご確認ください

リーフレット(ハラスメント防止対策の強化) [PDFファイル/1.18MB]

関連リンク・相談窓口

 法改正の詳細、各種支援情報等については以下よりご確認ください。

 県の労働相談所では、労働問題や労使関係でお困りの方のため、「労働相談・情報提供」を通じた問題解決の手助けを行っています。
 「相談は無料、秘密は厳守」で対応いたします。労働者・事業主いずれの御相談にも応じますので、お気軽にお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ