ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 妙法育成牧場の概要

本文

妙法育成牧場の概要

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0053062 更新日:2019年4月1日更新

1 設置目的

 県内酪農経営の発展に寄与するため、乳用雌牛の育成及び乳牛の改良増殖に関する業務を実施する。

2 沿革

  1. 昭和46年4月新潟県妙法育成牧場現場事務所が設置され、牧場設置を担当した農地開発機械公団から引き渡しを受けた草地、施設等の管理にあたった。
  2. 昭和46年10月県条例が制定され、新潟県妙法育成牧場が発足した。
  3. 平成5年度に条例改正され、買取方式から受託育成方式に機能変更した。

3 地勢

 この地域は苗場山(標高2,145m)の北面にあり、中津川沿いに展開する河岸段丘で、なだらかな起伏をもって帯状に広がっている。標高は630~950mの範囲にあり、地質は第3紀洪積層、土壌は埴土又は埴壌土で一部火山灰土を含む。

4 気象

 年間降雨量は2,200mm、年間平均気温は10.6℃、4~10月の平均気温17.2℃と農業気象的に高冷地に属している。6~7月は降雨量も多く、また、夏枯れ現象も起こらないなど牧草の生育には適しているが、11月には降雪があり、遅い年でも12月中旬から根雪となる。その期間は5ヵ月以上続き、積雪が5mにも及ぶことがある豪雪地帯である。

5 職員数

場長

事務職員 技術職員 技術員
1人 1人 2人 5人 9人

6 用地

総面積 採草地 放牧地 採草放牧兼用地 基地 樹林その他 道路
376.3ha 17.0ha 104.9ha 51.3ha 5.0ha 190.3ha 6,628m

7 業務の概要

  1. 乳用雌牛の受託育成を行う。
  2. 乳牛の改良増殖を図るため、優良精液による人工授精及び受精卵移植を実施する。
  3. 常時飼養頭数 180頭
  4. 受託条件
    ア 対象牛
       ホルスタイン種の雌牛で生後6ヵ月齢前後
       衛生検査を受け、健康で発育良好であること
    イ 預託期間 おおむね18ヵ月間
    ウ 預託料    1日1頭650円
    エ 受胎料
       受精卵移植 13,000円
       人工授精   5,500円
  5. 放牧地及び採草地の維持管理、乾草及びヘイレージの調製

妙法育成牧場のトップページに戻る

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ