ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 計画・施策・指針 > デンマークの記者が横田めぐみさんの拉致現場を取材しました(平成23年2月17日)

本文

デンマークの記者が横田めぐみさんの拉致現場を取材しました(平成23年2月17日)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0049559 更新日:2011年2月17日更新

 平成23年2月17日(木曜日)財団法人フォーリンプレスセンターの紹介でデンマークのダニッシュブロードキャスティング社の記者が、横田めぐみさんの拉致された現場を取材しました。
 前日に横田めぐみさんの御両親と面会し、これまでの救出運動の取材を行い、引き続きめぐみさんの拉致現場の取材を行いました。新潟市の中心部に近い住宅街で13歳の少女が北朝鮮の工作員に拉致されたことに驚き、北朝鮮による拉致問題をデンマーク国民に知らせたいと話していました。
 県では、拉致問題の早期解決のために様々な取り組みを実施しており、今回のような外国の報道機関の取り組みに、今後も協力していきたいと考えています。
 国内だけでなく国外の多くの方に北朝鮮による拉致問題を理解していただき、北朝鮮に対する国際的な圧力が強まり、一刻も早く特定失踪者を含む拉致被害者全員が帰国することを願っています。

拉致現場での取材の様子の画像
拉致現場での取材の様子

「北朝鮮による拉致問題の解決をめざして」のページへ

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ