ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 計画・施策・指針 > 「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」について

本文

「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0049567 更新日:2020年7月21日更新

 我が国においては、北朝鮮に拉致された被害者17名が日本政府に認定されています。
 また、北朝鮮による拉致の疑いが排除できない特定失踪者といわれる方々が相当数存在している状況にあります。
 残された御家族の皆様は、一日も早い拉致事件の解決を願い、被害者の方々の帰国を一日千秋の思いで待ち望み、解決に向けての活動を日々続けておられます。
 そこで、北朝鮮に拉致された被害者を救出するために必要な支援を行うことを目的とし、平成20年11月27日に上田清司埼玉県知事(当時)、泉田裕彦新潟県知事(当時)、平井伸治鳥取県知事、石原慎太郎東京都知事(当時)及び堂本暁子千葉県知事(当時)が発起人となり、「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」を結成しました。

 「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」は現在、47都道府県知事から参加をいただいております。

名称

「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」

設立年月日

平成20年11月27日

組織

  • 会長
    黒岩祐治 神奈川県知事
  • 会長代行
    花角英世 新潟県知事
  • 発起人
    • 上田清司 埼玉県知事(当時)
    • 泉田裕彦 新潟県知事(当時)
    • 平井伸治 鳥取県知事
    • 石原慎太郎 東京都知事(当時)
    • 堂本暁子 千葉県知事(当時)
    • 事務局
      新潟県知事政策局国際課拉致問題調整室
      (電話:025-280-5876)

政府への要請について

 令和2年12月21日、「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」会長の黒岩祐治神奈川県知事並びに会長代行の花角英世新潟県知事そして鳥取県知事の代理として谷長正彦鳥取県東京本部長が、拉致問題担当大臣の加藤勝信内閣官房長官と面会し、政府が、菅総理の下、道半ばである拉致問題を解決に導くべく、これまでの土台を引き継ぎ、引き続き最重要課題として、具体的な成果を出せるよう取り組んでいただくことを要望しました。

 黒岩会長は、「今年は有本恵子さんのお母様の嘉代子さん、そして横田滋さんもお亡くなりになられた。願いが実現できないままにこうなってしまったことは非常に残念な思いだ。ご家族は非常に高齢化されておられ、時間が無いので、政府は全力を挙げて取り組んでいただきたい。」と述べました。

 次に花角会長代行は、「政府の取組を応援するために、県民世論を喚起する意識啓発をしっかりとやっていく。一刻も早く目に見える成果を出していただけるように努力をお願いしたい。さらに、拉致の疑いがある特定失踪者についてもぜひしっかりと調査を進めていただきたい。」と述べました。

 これに対し加藤大臣は、「今年は有本嘉代子さん、そして横田滋さんが、それぞれのお嬢さんとお会いしていただくことなく亡くなられてしまい痛恨の極みだ。また、2002年に5人が帰国して以来、約20年近く経とうとしているが、一人の帰国も実現できていないことを申し訳ないと思っている。
 拉致問題は、菅内閣においても最重要課題と位置づけており、国が先頭に立って解決していかなければならないという姿勢をしっかりと堅持している。
 日本と北朝鮮で一緒に明るい未来を担っていくためにも、相互不信の殻を破って、核・ミサイル・拉致の問題を解決し、不幸な過去を清算し国交正常化を目指すことが、拉致問題担当大臣の使命だと思っており、政府としても、引き続き北朝鮮に対して直接的な働きかけをしていきたい。
 国民の皆さんからも、この拉致に対する怒りと、拉致被害者の一日も早い帰国の実現に対する強い意志を示していただくことが、問題解決の力強い後押しになる。『知事の会』の皆さんのリーダシップによって全国各地で拉致問題の理解と関心を高める活動に取り組んでいただいており、コロナ禍でも対策に腐心されながら、取組を継続していただいていることに感謝を申し上げたい。政府としても全国各地で特に若い世代も含めた啓発に取り組んでいきたい。
 また国際的な関係では、国連の場でも北朝鮮の人権状況について協議され、我が国政府の働きかけにより、共同声明に拉致問題の早期解決の重要性が取り上げられ、拉致被害者の即時帰国を強く求める内容を含む決議が採択された。総理も、バイデン次期米国大統領をはじめ各国首脳との電話会談の際に拉致問題への理解を求め、連携を図っていくことを要請している。
 我々は、ご高齢であることを考えるともはや一刻の猶予もならないとの思いをしっかりと認識しながら、すべての拉致被害者の1日も早い帰国の実現に向けて、刻々と変化する北朝鮮を取り巻く状況をしっかりと捉え、あらゆるチャンスを逃すことなく、全力で取り組んでいきたい。
 総理自身も条件を付けずに金正恩委員長と向き合う決意を累次申し上げているところだが、政府として引き続きそうした姿勢で取り組んでいくので、『知事の会』の皆さんから引き続きご支援をお願いしたい。」と応じられました。

菅大臣への要望の様子の画像
加藤大臣への要望の様子

要望書 [PDFファイル/135KB]

共同記者会見について

 平成21年1月13日に、(社)日本外国特派員協会において共同記者会見を実施し、北朝鮮に対するメッセージなどを発表しました。
 (出席者は、石原東京都知事(当時)、泉田新潟県知事(当時)、上田埼玉県知事(当時)、平井鳥取県知事、大澤群馬県知事(当時)です。)
 また、北朝鮮に対するメッセージは特定失踪者問題調査会が運営する「しおかぜ放送」により北朝鮮に向けてラジオ放送するため、同日、泉田新潟県知事及び平井鳥取県知事が収録を行いました。
 北朝鮮へのメッセージ、オバマ次期米大統領への書簡文要旨については、下記添付ファイルを御覧ください。(1月13日に郵送済みです。)

北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」について

 特定失踪者問題調査会が実施している北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」において、北朝鮮にいらっしゃる拉致被害者・特定失踪者の方々に向けた都道府県知事からのメッセージを放送していただいています。
 しおかぜ放送の内容については、以下のサイトで確認することができます。

しおかぜだより<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ