ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 子ども家庭課 > 新潟県における児童虐待相談対応件数の状況

本文

新潟県における児童虐待相談対応件数の状況

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0045953 更新日:2020年11月18日更新

県内児童相談所で対応した児童虐待相談対応件数
 令和元年度 3,489件 (対前年比124.9%)

平成30年度の2,793件に比べ、696件増加し、6年連続で過去最多を更新しました。

児童虐待相談対応件数の推移

児童虐待相談対応件数の推移

 

児童虐待相談対応件数の内訳(令和元年度)- 総数 3,489件

虐待の種類別

虐待の種類別では、「心理的虐待」が1,977件(56.7%)と最も多く、次いで、「身体的虐待」888件(25.4%)、「ネグレクト」590件(16.9%)の順となっています。

種類別

年齢別

児童の年齢別では、おおむね就学前の「0~2歳」「3歳~6歳」があわせて1,529件(43.8%)となっています。

年齢別

主な虐待者別

主な虐待者別では、「実母」が1,806件(51.8%)と最も多く、次いで「実父」が1,493件(42.8%)の順となっています。

虐待者別

相談経路別

相談経路別では、「警察等」が1,179件(33.8%)と最も多くなっています。

経路別

報道発表資料(令和2年11月18日) [PDFファイル/252KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ