ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 県民生活課 > 12月は歩行者事故多発の時期!帰宅時間帯の交通事故に十分お気を付けください!

本文

12月は歩行者事故多発の時期!帰宅時間帯の交通事故に十分お気を付けください!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0337213 更新日:2020年12月9日更新

12月は歩行者事故多発の時期!帰宅時間帯の交通事故に十分お気を付けください!

12月は夕暮れが早まり、帰宅時間帯は真っ暗に!歩行者事故多発の時期です!

●年末に向けて歩行者事故が増加し、12月は特に多発傾向にあります。

 特徴は、

  •  曜日別では金曜日に多い!
  •  重傷や死亡事故の場合、歩行者側に何らかの「違反あり」の割合が高くなる!
  •  多発時間帯は17時台に多い!
  •  死亡事故での「違反あり」の割合は7割以上!違反の多くは直前直後横断や横断歩道外横断等の横断に関する違反!

●交通事故多発時間帯

  • 12月の交通事故多発時間帯は17時台!

交対室だより第37号にはさらに詳しく掲載しています。ぜひ、ご覧下さい。

交対室だより第37号「11月、12月は歩行者事故多発の時期!!」 [PDFファイル/1.14MB]

歩行者事故防止のポイント

●歩行者

  • 夜光反射材を身につける、明るい服装を着用する
  • 道路を横断する際は、左右の安全確認を徹底する。特に左から来る車両に注意!

●ドライバー

  • 横断歩道は歩行者優先を厳守、薄暮時間帯や夜間は速度を落としての走行を実践!
  • ライトの早めの点灯やライトの上向き(走行用前照灯)、下向きのこまめな切り替えで歩行者を早期に発見!

    ライト点灯!

交対室だより第39号にはさらに詳しく掲載しています。ぜひ、ご覧下さい。

交対室だより第39号「歩行者は明るい服装、夜光反射材の活用!ドライバーは早めのライト点灯!」 [PDFファイル/1.43MB]

積雪時の事故防止のポイント

  積雪により歩道が確保できない場合など、雪壁で死角となった歩道から歩行者が車道に出ることがありますので、ドライバーは歩行者の発見に努め、歩行者に対しては安全な間隔と速度で通行しましょう。

         fuyumichi

 

新潟県の交通安全ホームへ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ