ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 柏崎地域振興局 地域整備部 > 【柏崎】栃ヶ原地すべり集水井(しゅうすいせい)が登録有形文化財に登録されました!

本文

【柏崎】栃ヶ原地すべり集水井(しゅうすいせい)が登録有形文化財に登録されました!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0200717 更新日:2020年9月3日更新

 柏崎市高柳町栃ヶ原にある地すべり集水井3基が、「造形の規範となっているもの」又は

「国土の歴史的景観寄与しているもの」として、令和元年12月5日に国の登録有形文化財(建造物)に

登録されました。

 登録された3基は建設から50年以上が経過しており、第1号集水井は全国6千基以上ある集水井の

基本となった日本初の施設となります。

  県位置図集落位置図

1.登録有形文化財に登録された地すべり集水井

栃ヶ原地すべり第1号集水井

建設年代:昭和30年【わが国で初めて建設された集水井】

登録基準:造形の規範となっているもの

  外径4.0m、深さ18mの鉄筋コンクリート造の円筒型井戸で、

 壁面から放射状に配した横ボーリングにより、地すべりの原因となる

 地下水を井戸に集水し排除しています。

  建設当時は、井戸に溜まった地下水をポンプで揚水し、生活用水として

 利用していましたが、現在は、排水ボーリングによる自然排水となっています。

1号集水井1号集水井内部

     第1号集水井

建て込み状況1号建設当時

    第1号集水井工事中の様子(写真提供:坂井俊介)

栃ヶ原地すべり第2号集水井

建設年代:昭和40年

登録基準:国土の歴史的景観に寄与するもの

  外径4.0m、深さ15mの鉄筋コンクリート造の円筒型井戸。

  集水した地下水をポンプで揚水し、周囲の水田で利用している。

井戸外観写真

    第2号集水井

栃ヶ原地すべり第3号集水井

建設年代:昭和40年

登録基準:国土の歴史的景観に寄与するもの

  外径4.0m、深さ15mの鉄筋コンクリート造の円筒型井戸。

  第2号集水井の直後に建設された。

  建設当時は、集水した地下水をポンプで揚水し利用していたが、

  現在は第1号集水井に排水ボーリングで自然排水している。

井戸の外観写真

     第3号集水井

2.栃ヶ原地すべり集水井の利活用について

パンフレットの作成

  栃ヶ原地すべりの歴史や建設当時の貴重な写真などを掲載した

   ・栃ヶ原地すべり集水井(大人向け)

   ・「栃ヶ原地すべり」のお話(子ども向け)

  を作成しました。ご自由にダウンロードしてお使いください。

パンフ(大人用)パンフ(子ども用)

栃ヶ原地すべり集水井 [PDFファイル/2.19MB]

「栃ヶ原地すべり」のお話 [PDFファイル/1.95MB]

地域と連携した取組

  地域の関連施設(高柳小学校や県立こども王国など)と連携しながら、

 栃ヶ原地区から全国に広まった日本初の地すべり集水井について、

 見学会などを行っていきます。

特別授業見学会

 高柳小学校で地域の方を対象とした特別授業を行った様子(令和元年9月27日)

3.関係機関へのリンク (外部サイトにリンクします)

 ・登録有形文化財の詳しい説明については、文化庁ホームページをご覧ください。<外部リンク>

 ・新潟県内の文化財の指定及び登録等については、新潟県文化行政課ホームページをご覧ください。

 ・新潟県地すべり資料館(新潟県上越市板倉区)

 


◇このページに関するお問い合わせは 柏崎地域振興局地域整備部
〒  945-8558  柏崎市三和町5-55 
電話:  0257-21-6302  ファクシミリ: 0257-24-0346 
このページに関するお問い合わせは<外部リンク>
このページの先頭へ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ