ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 柏崎地域振興局 地域振興担当 > 【柏崎】令和4年度地域振興事業のご紹介(地域活性化推進事業(ソフト))

本文

【柏崎】令和4年度地域振興事業のご紹介(地域活性化推進事業(ソフト))

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0268784 更新日:2022年5月18日更新

地域活性化推進事業(ソフト)とは

 地域の課題に柔軟に対応し、地域振興の実現に役立てるソフトプロジェクトを実施する事業です。

令和4年度に実施する事業

交流人口拡大施策支援事業

事業目的

 柏崎地域の観光資源の魅力向上や新たな観光資源の発掘などに取り組む実行委員会への参加などを通じ、地域が行う取組を支援し、観光交流人口の増加を図ります。

実施内容

1  柏崎観光誘客促進事業実行委員会への参加
 柏崎市及び柏崎観光協会などで構成する実行委員会に参加し、柏崎地域への誘客を促進するため地域資源を活用した効果的な取組を実施します。

2 柏崎市インバウンド推進協議会への参加
 柏崎市及び柏崎観光協会などで構成する協議会に参加し、受入体制の整備などインバウンドの推進に取り組みます。

3 柏崎地域の魅力向上に向けた情報発信
 柏崎コミュニティ放送(FMピッカラ)及び柏崎日報などを活用し、柏崎地域の魅力向上や特色ある取組の紹介、危機管理に関する行政情報を発信します。

4 中山間地域などへの支援
 住民主体の取組みによる地域の魅力向上及び地域活性化のための活動を支援します。

「水球のまち柏崎」戦略的広報事業

事業目的

 「水球のまち柏崎」のブランド化を図るため、県内外に戦略的にPRすることにより、県内外及び地元サポーター(地域住民の水球ファン)の裾野を拡げるとともに、交流人口を拡大させて新たな経済効果を生み出します。

実施内容

 柏崎市及び関係団体で柏崎水球事業実行委員会を組織し、広報ツールの制作や水球イベントによるPRなどを実施します。

新たな海の柏崎モデル事業

事業目的

 市内に15の海水浴場を有する柏崎市にとって、夏が観光の中心ですが、海水浴客数は平成22年度(2010年)の約101万人から令和3年度(2021年)は約25万人と大きく減少しており、海の家や民宿も減少しています。そのため、従来の海水浴を中心とした観光からの転換に取り組み、特色を活かした新たな魅力を創出します。

実施内容

 既存の番神自然水族館の取組である「岩場での磯遊び体験や海の生物の自然観察」に加え、「学び」と「遊び」をコンセプトにしたシュノーケリング体験のプログラムにより自ら学び探究心を深める機会を提供し、当地での滞在時間の延長及び参加者の増加を図ります。 ※柏崎市の事業に対する補助

柏崎工業フェスティバル~柏崎青年工業クラブ50周年~支援事業

事業目的

 ものづくり企業の若手社会人で構成される柏崎青年工業クラブの設立50周年を記念して実施される柏崎工業フェスティバルにおいて普段目にすることができない工場内の見学やものづくり体験教室を実施することにより、幅広い世代に興味と関心を持ってもらい、製造業全体のイメージ向上につなげるとともに、将来的には就職者数の増加及び定住人口の増加促進を図っていきます。

実施内容

 柏崎工業フェスティバルにより、普段目にすることができない工場内の見学やものづくり体験教室を実施し、幅広い世代に市内企業の魅力や技術力を知ってもらい、柏崎のものづくり企業の魅力発信を青年工業クラブ及び柏崎技術開発振興協会(柏崎市・柏崎商工会議所)とともに共催することにより支援していきます。

柏刈地域の食を通じた防災・減災対策推進事業(新潟県中越沖地震の発生から15年)

事業目的

 「新潟県中越沖地震」の最大被災地である柏崎地域において、これまでに展開されてきた食を通じた防災・減災対策(リーフレットを活用した普及啓発)について、感染症等新たな課題を反映させるほか、地域の食文化の要素も加えた内容への見直しを図ることにより、更なる事業効果の創出を図ります。

実施内容

 「柏崎地域災害時食のセーフティネット検討会」を開催し、関係団体が取り組む食の面からの防災・減災対策を共有し協働した活動が実施できるよう、地域版家庭用備蓄リーフレットの構成、盛り込むべき要素及び普及啓発に向けた取組を検討し、リーフレット「柏刈地域の災害時の食の備え(仮称)」を作成します。

柏崎の魅力と消費者を結ぶ交流拡大事業

事業目的

 生産者、加工業者、流通・販売業者、観光業者などの関係者が一体となった秋のイベント開催を通じて、柏崎の魅力の創出とPRを進め、消費者などとの交流拡大による地域活性化を図ります。

実施内容

 多様な業者・関係者が一体となり、感染症対策をとった新たな総合イベントを開催します。

柏崎・刈羽米が結びつける「地産地消」で「にぎわう」地域づくり

事業目的

 柏崎・刈羽地域農業の基幹作物である「米」を地域で消費する活動を通し、生産者と消費者(地元+地元を訪れる消費者)を結びつけ、地域循環型経済で地域の活性化を図ります。

実施内容

 飲食店と連携した新米(極早生~晩生品種)を使った期間限定イベント、地元小中学校の学校給食への新米提供や大学生などの新米を味わう場づくりを実施します。

過年度に実施した事業

  地域振興事業のご紹介(地域活性化推進事業(ソフト))

  地域振興事業のご紹介(地域振興戦略事業調整費)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ