ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 土木部都市局 都市政策課 > 新潟県住生活マスタープラン(平成25年3月改定)

本文

新潟県住生活マスタープラン(平成25年3月改定)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0061665 更新日:2017年5月17日更新

 平成28年度より、新潟県住生活マスタープラン(第3次計画 平成29年3月改定)に移行しています。

 本県では、住生活基本法に基づき、平成18年度に「新潟県住生活基本計画」を、平成19年度に「新潟県住生活マスタープラン」を策定し、住生活施策を推進してきました。
 策定から5年が経過し、社会経済情勢など住生活を取り巻く環境が大きく変化するなか、これら変化に的確に対応するため、現行計画の改定を行い、今後の住生活政策の基本的な方向を示す、新たな「新潟県住生活マスタープラン」を策定しました。

新潟県住生活マスタープラン(平成25年3月改定)の概要

計画の目的

住生活政策の基本的な方針や目標を掲げ、目標の達成に向けた施策を総合的かつ計画的に推進することによって、県民の住生活の質や満足度を向上させることを目的としています。

計画の位置付け

県政運営の基本となる新潟県「夢おこし」政策プランの政策目標の達成に向けて、住生活の視点から基本的な方向性を示すものとして位置付けます。
また、住生活基本法に基づき、国の住生活基本計画(平成23年3月閣議決定)に即した新潟県住生活基本計画として位置付けます。

計画の位置付けの画像

計画期間

平成23年度から平成32年度までの10年間とします。

住生活政策の目標

住生活政策の目標の画像

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ