ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務管理部 統計課 > 統計データハンドブック(平成29年度) 第 8 章 エネルギー・水

本文

統計データハンドブック(平成29年度) 第 8 章 エネルギー・水

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0006884 更新日:2019年1月17日更新

エネルギー・水の概況

電力

 平成27年度の電気事業者による県内総発電電力量は452億1,970万kWhで、前年度より12億5,749万kWh(前年度比2.7%)減少した。そのうち県外へ送電している電力量は303億5,700万kWhで、県外送電比率は63.8%となった。
 県内の総使用電力量(東北電力(株)供給分)は156億2,556万kWhであり、前年度に比べ4.1%減少した。人口1人当たりでは、年間6,737kWh(前年度比3.4%減)電力を使用していることとなる。電灯使用量は48億1,873万kWhで、前年度に比べ2.7%減少した。

原油

 平成28年の原油生産量は364,601klであり、前年に比べ4.4%減少した。全国の原油生産に占める割合は66.4%となり、前年に比べ2.5ポイント増加した。

天然ガス

 平成28年の天然ガス生産量は21億5,381万立方メートル(前年比2.1%増)となり、全国の天然ガス生産に占める割合は78.2%で、前年に比べ1.1ポイント増加した。出荷・消費量は33億6,815万立方メートル(同0.9%増)となり、全国に占める割合は80.6%で、前年に比べ0.5ポイント増加した。

水道

 平成26年度末現在の水道普及率は前年度と同じく99.2%となった。給水人口は前年度に比べ16,979人減少し、総人口に対する給水人口の割合は、上水道92.4%、簡易水道6.6%、専用水道0.1%となった。

発電電力量並びに送受電状況(電気事業者分)

発電電力量並びに送受電状況(電気事業者分)の画像

第8章 エネルギー・水(Excel形式 63キロバイト)

  • 8-1 電力
    1. 発電設備
    2. 発電電力量並びに送受電状況
    3. 用途別使用電力量
    4. 産業別大口電力使用量
  • 8-2 原油生産量
  • 8-3 天然ガス
    1. 生産量
    2. 出荷・消費量
  • 8-4 上水道,簡易水道及び専用水道の現況

統計データハンドブックのトップページへ
にいがた県統計ボックスのトップページへ

新潟県オープンデータ
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ