ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務管理部 統計課 > よくある質問(FAQ)  人口・世帯

本文

よくある質問(FAQ)  人口・世帯

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0061283 更新日:2018年12月18日更新

Q1 新潟県の市町村別・年齢別の人口、市町村別の高齢化率を知りたい。

A1 最近の人口(市町村別・年齢別)については「新潟県推計人口」をご覧ください。さかのぼったデータをお知りになりたいときには「新潟県統計年鑑」(人口・世帯の章)をご覧ください。大正9年からの市町村別人口、昭和60年からの年齢別人口などを掲載しています。
市町村別の高齢化率については、「新潟県推計人口」で「年齢(3区分)別推計人口」の65歳以上人口割合をご覧ください。(各1、4、7、10月公表)

Q2 新潟県の出生・死亡数、転入・転出者数を知りたい。

A2 「新潟県の人口移動」をご覧ください。市町村別のデータを掲載しています。県福祉保健部福祉保健課「福祉保健年報」にも出生・死亡数などが掲載されています。

Q3 他の市町村へ通勤・通学している人の数が知りたい。

A3 「新潟県統計年鑑」(人口・世帯の章)をご覧ください。市町村別従業地・通学地による人口を掲載しています。全国の市町村別データは総務省統計局の国勢調査「従業地・通学地による人口・就業状態等集計結果」をご覧ください。

Q4 新潟県と他の都道府県の人口を比較したい。

A4 「新潟県ベスト5及び主要指標」をご覧ください。新潟県の順位と各都道府県別人口を調べることができます。また、各都道府県別人口は総務省統計局「人口推計」でも掲載されています。
ちなみに、総務省統計局「日本の長期統計体系」によると、新潟県の人口は明治21年(1888年)と明治26年(1893年)の調査では全国1位でした。

Q5 明治以降の新潟県と全国の人口の推移を知りたい。

A5 新潟県の人口の推移は「新潟県統計年鑑」(人口・世帯の章)をご覧ください。明治5年からの人口の推移を掲載しています。長期にわたる人口の推移を、加工して利用したい場合は、「人口時系列データ」をご利用ください。
都道府県の人口の推移は、総務省統計局「日本の長期統計体系」をご覧ください。明治17年からの人口の推移が掲載されています。
ちなみに、明治21年と明治26年は新潟県の人口が全国1位でした。(明治21年 1,662,900人、明治26年 1,706,400人)

Q6 市町村別の将来推計人口を知りたい。

A6 国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口」をご覧ください。

国立社会保障・人口問題研究所<外部リンク>

Q7 新潟県の外国人数を知りたい。

A7 「新潟県統計年鑑」(人口・世帯の章)をご覧ください。国籍別の在留外国人数を掲載しています。全国の数値は法務省「在留外国人統計」をご覧ください。

Q8 平均寿命(都道府県別・市町村別)を知りたい。

A8 厚生労働省「都道府県別生命表」「市区町村別生命表」をご覧ください。
県内市町村の平均寿命は「新潟県統計年鑑」(人口・世帯の章)及び県福祉保健部福祉保健課「福祉保健年報」にも掲載されています。

Q9 新潟県の市町村別世帯数と高齢者世帯数を知りたい。

A9 市町村別の世帯数について、月毎のものは「新潟県推計人口」、年毎のものは「新潟県統計年鑑」(人口・世帯の章)をご覧ください。
高齢者の世帯数については、総務省統計局国勢調査「人口等基本集計結果」をご覧ください。。

Q10 新潟県の婚姻・離婚数、出生率等を知りたい。

A10 県福祉保健部福祉保健課「福祉保健年報」をご覧ください。出生率のほかに合計特殊出生率も掲載されています。なお、全国のデータは厚生労働省「人口動態統計」をご覧ください。

新潟県オープンデータ
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ